HOME   »  
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


浦和レッズ 1-1 ヴァンフォーレ甲府

<スタメン>
GK:西川
DF:岡本、那須、槙野
MF:柏木、阿部、宇賀神、関根、高木、武藤
FW:興梠

岡本→青木 柏木→ズラタン 興梠→梅崎


浦和レッズ 1-2 名古屋グランパス
得点者:19分 OWN GOAL 20分 川又、63分 矢野

<スタメン>
GK:西川
DF:森脇、那須、槙野
MF:柏木、阿部、宇賀神、関根、高木、武藤
FW:興梠

高木→ズラタン 那須→梅崎 関根→橋本


浦和レッズ 1-2 サンフレッチェ広島

<スタメン>
GK:西川
DF:森脇、永田、槙野
MF:柏木、阿部、宇賀神、関根、高木、武藤
FW:興梠

高木→ズラタン 永田→鈴木 →李


浦和レッズ 0-0 モンテディオ山形


<スタメン>
GK:西川
DF:森脇、那須、槙野
MF:柏木、阿部、宇賀神、関根、李、武藤
FW:興梠

李→青木 武藤→ズラタン 関根→高木


浦和レッズ 2-1 松本山雅
得点者:12分 武藤雄樹 52分 興梠慎三 62分 酒井

<スタメン>
GK:西川
DF:森脇、那須、槙野
MF:柏木、阿部、宇賀神、関根、梅崎、武藤
FW:興梠

梅崎→ズラタン 武藤→青木 興梠→李
・Kリーグ水原が李忠成獲得へ 清水移籍の鄭大世“後釜”に(スポニチ)

Kリーグの水原が李獲得に動くのではないかという報道。鄭大世の情報も合わせると確かに向こうがオファーを出してくる可能性はあるのかもしれないがそれがレンタル移籍なのであればレッズ側が出す理由はないし基本的には進展しない話だと思う。

たしかに李はこのままでは来季の契約はどうなるか分からないという状況ではあるが、レッズとしては今ここでレンタルで出して年俸の半分を浮かせて得る僅かなメリットよりもシーズン途中に選手層が薄くなるデメリットの方が圧倒的に大きく昨年夏の失敗もあるので具体的な補強の話もないままにシーズン途中での悪戯な戦力の放出をすることはまずありえないだろう。

李は決定力に関しては大きな問題を感じるものの今季はシャドーとして相手を掻き回すチャンスメイカーとしてはまずまず良くやっていると思う。今年のリーグ戦に関してだけ言えば李のせいで落とした勝ち点はないと思うが李のおかげで加えられた勝ち点はいくつもあったはず。

ガンバ戦の決勝点の起点もそうだし仙台戦でもいい仕事をした、川崎戦なんかも最後の最後でパワーのある李を入れたからこそのズラタンのあの得点に繋がったのかもしれない。

負傷中の石原に加えてこれからは代表選手の離脱も出てくる。そしてどうせ他に補強の宛てもないであろうので今季いっぱいは李を手放すべきではないと思うし李にもレッズで頑張ってもらいたい。

あともう一つ挙げると李は鄭大世の後釜ということだが、近い境遇の出身であっても日本に帰化した李と鄭大世では扱いは大きく異なるはず。本当に大活躍すれば出身も国籍も関係なく応援されるだろうが、李が韓国でプレーすることは難しいと思っている。

向こうにいって大ブレイクする可能性もなくはないのでこの移籍が正しいのかそうでないのかは未来の結果でしか判断できないがチームとしても李本人のことを考えてもあと半年はレッズでやるのがいいと思っている。
・ブラジル人FWの柏移籍!地元紙が報じる(報知)

柏がブラジル人FWエデルソンを獲得へ。方々の情報によるとほぼ決定らしい。柏はレアンドロが抜けるのでどうなるかと思ったらすかさず4億の移籍金でブラジルリーグ元得点王を獲ってくるあたりは流石。戦力ダウンどころかむしろ戦力アップになる可能性も出てきた。

エデルソンのブラジル時代の動画(YouTube)を見たところ個人的な印象としてはポジショニングで勝負するタイプのシャドーストライカーでレッズの武藤のゴール前での動きとも少しイメージが近いかもしれない。武藤よりはよりストライカー的で1タッチゴールも多く佐藤寿人的でもあるか。

飛び出しと零れ球への反応とシュート精度となかなかのものを持っていそうな選手ではあるが想像していた屈強な万能タイプとは違う感じで柏の戦術と合うのかという点は見てみるまではなんともいえないと感じた。

今季の柏でレアンドロがやっていた仕事は大きかった。納まりも良く献身的で運動量もありその上決定的な仕事もして相手に脅威を与える。上半期の外国人選手の中でも1・2番の仕事をしていた選手だと思う。

エデルソンはやらせてみなければ分からないが動画を見た限りではそういうタイプではなさそうで、そうなると1トップを他の誰かにするか2トップにするかなどやり方を変えなければレアンドロと同じことをさせるのでは嵌らないのではないかという印象も持った。
・【G大阪】健太監督、まな弟子・清水FW長沢駿獲りへ

ガンバが清水のFW長沢獲得へ。おそらく昨年まで所属していた佐藤(現徳島)みたいなFWがほしいのだと思う。そもそもなぜ佐藤を放出したのか若干疑問なのだが。ガンバのFW赤嶺をC大阪が獲得しようとしているらしいのでその話と合わせても両方とも実現する可能性が高そうか。

・清水が北朝鮮代表の鄭大世獲得 4年半ぶりJ復帰(ニッカン)

清水がFW鄭大世を獲得。清水はシーズン前にも言われていた通り守備に問題があるので補強する場所はそこなのかという疑問はあるかもしれないが2012年のガンバがレアンドロ加入後猛烈に勝ち点を稼いだ事実もあるのでFW補強だけでも劇的に変わる可能性はなくもない。

・FC東京 豪代表FW、スペイン人FW加入を発表 武藤の後釜に期待(スポニチ)

FC東京がFWサンダサとネイサン・バーンズを獲得。このあたりは実際に見てみるまではなんともいえない。サンダサの実績はデスポトビッチを彷彿とさせるので名前と実績だけで震えるほどではなさそうか。
<ナビスコカップ2015 決勝トーナメント>
・F東京 vs 鹿島
・柏 vs 神戸
・G大阪 vs 名古屋
・新潟 vs 浦和


ナビスコカップ決勝Tの組み合わせが決定。レッズの初戦は新潟。先日は快勝したものの新潟にはまだレオ・シルバが控えているしリーグで低迷するクラブがナビスコで勝ち上がるケースはけっこう見られるものでまたレッズの代表選手も抜けることになるので簡単な試合にはならないだろう。

勝ち上がれば準決勝はガンバか名古屋、どちらにしても厄介な相手ではあるが互いに代表が抜けるので条件的にはそれ程不利にもならないはず。向こうの山を見ると決勝はなんとなく鹿島がきそうな気がする。

決勝トーナメントともなるとどのチーム厄介でここがいいという相手などはいなかったが新潟にFC東京にレアンドロが抜ける柏あたりなら比較的組し易いかもしれないとは思っていた。それから個人的に一番当りたくなかったのが神戸で抜ける選手も少なくレアンドロを加えた外国人助っ人が強力なのでそことはやりたくないと思っていたので悪いドローではない。

準決勝までは代表組抜きなのでそこでガンバとやるのも恐いと思っていたが西川・槙野・(ズラタン)と東口・宇佐美が抜ける両チームの条件はある程度均衡していると思うのでそれ程ナイーブになることもないか。

今後レッズとしては最も恐いのは興梠が代表に召集されること。もしそうなれば1トップができる選手が誰もいなくなり準決勝はおろか初戦の新潟戦もかなり危うくなってくる。ズラタンが代表じゃなければ、石原が負傷していなければとつい考えてしまう。短期的な補強も手だとは思うが、しないのであればそのケースを想定して何らかの戦術的対策を練っておく必要はあると思う。

現実的に興梠・ズラタン・石原がいなければ1トップは李になるが、その場合は二列目で納めて貯めを作れる選手を置くことが大切になる。李と梅崎だと互いにテンポが速すぎてキープによる貯めがつくれない。李と柏木でもフィジカル的に相手を背負って受けるには向かない。李のフリックを生かす動き出せる相方を武藤とするとやはり三人目は強いフィジカルで貯めを作ってくれる選手が絶対になる。現状それに向いた選手が欠ける三人以外に浮かばないが補強なしなら高木にそれをやってもらうしかないかもしれない。

2014年の原口に近い役割になるが高木にそれができるか。決勝トーナメントまではまだ時間があるので是非ともできるようになっていてほしい。
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。