HOME   »  人事・移籍関連
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・【浦和】経験積ませる!山田&矢島を期限付き移籍(報知)

山田直輝と矢島がレンタル移籍。当然の判断だと思うし選手の数さえ揃っていればもう一年早く出しても良かった。山田直輝は湘南へ、出場機会を得るのがなかなか大変そうではあるがもしかしたら今後一番魅力的なサッカーをするチームになるかもしれないので鍛え直してもらうには良いクラブだと思う。

矢島は長崎など複数クラブから興味を持たれているということでJ2クラブへのレンタルが濃厚か。前線の選手は点をとってこそ成長できると思っているのでJ2の方が理想的で良いと思う。長崎ならタイプ的にも割と合っているのでは、と言いたいところだが監督が変わるという記事をいつか見たような気もするのでなんとも言えない。

補強面ではC大阪のDF山下の獲得に乗り出しているらしい。昨年の印象ではあるがマッチアップで興梠がけっこう苦戦させられていてスピードも強さもありそうでなかなか良い選手だと思う。しかし既にチームに残留するような旨を話していたような。可能性は高くなさそうか。

それから長崎にレンタルで出していた岡本は復帰へ。ポジションとタイプは完全に森脇と被るので出場機会を得るためにはその壁を乗り越えなければならない。
・【大宮】願い届かず降格!鳥栖FW播戸にオファー(報知)

先日なぜ大谷をレンタルバックするのかと書いたがこういう背景があったか。つまりこの話は既に確定的だということだろう。西川が相手では出番も掴めず加藤も若くはないので選手としての最後のチャンスに賭けたいという考えは分かるので移籍することになってもそれを支持したい。しかし大宮は北野など好GKが居るがそこでレギュラーを取れるのか。

それからレッズの方もナビスコや天皇杯では必ず第二GKの出番は来るので大谷の足元の技術はどの程度なのか、当然西川や加藤ほどではないであろうのでいつまでも我々のサッカーなどと言ってないで試合限定の戦術オプションも身につけなければ来季もカップ戦は早々に敗退することになる。
・鳥栖新監督候補は城福氏で一本化 甲府の2年連続残留を評価(スポニチ)

鳥栖の新監督は城福氏が有力ということだがこれはどうなのだろう。正直志向するサッカーがあまりにも違いすぎるというか真逆に近いとすら感じフィットするのは難しいのではないかと思う。

ユン・ジョンファン監督がいなくなり豊田やキムミヌも他クラブからオファーがあるという噂なので来季はチームスタイル自体1から作り直すつもりなのかもしれないが、仮に4位枠でACLに出る場合などはそうもいかないであろうし。

難しいだろうとは書いたが鳥栖のロングボールとフィジカルのサッカーと城福監督の堅守とショートパスのスタイルが奇跡的に上手く融合して馬鹿強いチームができる可能性も否定はできない。広島のミシャの攻撃と森保の守備のように二人の監督の全く異なるスタイルが合わさる強力な新チームになるのかもしれない。が、やはり難しいだろうなとは思う。
・【川崎】来季タイトルへエウシーニョ&大宮・橋本獲得も(報知)

川崎がブラジル人DFエウシーニョ(25)獲得へ。

右のサイドハーフ、サイドバックでのプレーを得意とし、攻撃力に加えて運動量も豊富で、個の力で局面を打開できるという。献身的な守備もできるため白羽の矢が立った。


説明を聞くと相当凄そうな選手。勿論実際に見てみるまではその能力もフィットするかも分からずなんとも言えないのだが、これぞ強化部の仕事。いつも海外から面白そうな選手を見つけてくる川崎や新潟の強化部が羨ましい。昨年の甲府も取っ替え引っ替えでようやくパトリックを掴み残留した。外国人補強は失敗も多いがチャレンジしなければチャンスすら掴めない。
・神戸がクルピ氏と破談 ネルシーニョ氏へ(ニッカン)

神戸の新監督交渉、狙いのクルピ監督は破断でネルシーニョ監督にオファーを出すらしい。育成も考えればクルピの方が良さそうではあるがそれなりに時間は掛かるし今のクラブの補強力と外国人戦力などを考えればむしろネルシーニョの方が神戸には向いているのではないかと思う。この変更による表立ったマイナス点はセレッソの選手を獲得できる率が下がるということくらいでは。


・【甲府】来季新監督に樋口氏、今季横浜Mを指揮(報知)

甲府の新監督はベルデニックではなく樋口監督に。樋口監督は横浜での仕事を見るとなかなか有能な指揮官だとは思えどその前までの実績を見るとパッとしないところもあるので少し規模の小さいクラブに移ったらどうなるのか未知数なところはあると感じる。あくまで個人的には城福監督のままの方が無難だったのではないかとは思う。



ズラタンの獲得が決定的らしい。「決定的」という言葉はまだ半々くらいと見ておくべきというのがこの時期の恒例ではあるが、大宮の現状を見てもズラタンが来季も日本でプレーすることに前向きならばより上を狙えて引越しいらずな近くの街のクラブからオファーが来れば移籍することを考えることはおかしくなく監督という要素的にも実現の可能性は高い話なのではないかと思う。

今年はそこまで目立った印象はないかもしれないがそれでもあの状態の大宮で7ゴール程挙げているし大宮が強かった時期の2013年序盤戦では反則外国人と言われるくらいの存在感を発揮していたのでなかなか期待はしている。当時の印象では身体が強く前線で収めることもできるし決定力も持っている選手という感覚だった。

ズラタンのイメージというとやはり決定力、PA内で決定的な仕事をするタイプという印象でそれは今のレッズにとって一番ほしいものの一つ。特に上の動画のセレッソ戦の2点目などは得点感覚を持ったストライカーという感じで個人技でああいうことができる選手は今のレッズにはいない。

ややサイドに流れて得点する形が多いイメージもあるので2トップのポジショニング向きの選手なのではないかとも感じるが、ミシャのやり方で合うのか、そこには少々不安もある。中央で相手を背負って受ける仕事もできると思うのでそこは心配していないが、それをやらせることで得点の形を失わないかということが心配ではある。

それからズラタンはノヴァコビッチにしてもムルジャにしても毎年強力なパートナーがいてそれによって相手の守備の集中が分断されていたから活躍できていたという可能性もあり、その条件がなくなるとどうなるのかというのも気掛かりではあるかもしれない。勿論個人でも力のある選手だとは思っているが。しかしレッズでは逆に近くにいる興梠達がより力を引き出してくれるという可能性もなくはなく、うまい形でフィットしてくれればと願うばかり。
・【仙台】武藤、浦和移籍決断!湘南には断り(報知)

仙台のFW武藤雄樹を獲得。湘南のDF遠藤は獲得失敗らしい。

遠藤に関しては昨日書いた通りレッズ目線からすればほしい選手だったことは間違いないが伸び盛りのチームで伸び盛りの若手選手ということで今のチームで出場を続けることが本人にとって一番いいことだろうと思っていたので良い選択をしたと思う。また縁があればということで。

遠藤が湘南に残留したことはその選手の育成目線からすると良いとは思えどDFとボランチができる大型選手の補強をしたかったというのは本音でレッズは他の選手にも目を向けなければならない。来季ユースから上がる茂木などはまさにそのポジションの選手だが育成には時間を要する。

一方仙台の武藤は浦和入りを決めたらしい。先日の記事ではレッズに来ても出番がないのではないかとその補強に対する疑問を書いたが、本人にも出場機会を得るのは簡単ではないという認識はあるはずで第三者から見てもその挑戦は簡単ではないと思われるようなそういうチームに敢えて飛び込んでくるその気概は買いたい。決まったのであれば今後のこのクラブでの成功を心から願っているし応援したいと思う。そしてミシャには獲得する以上は興梠や那須のようにこの選手も輝かせてあげてほしい。
・神戸、元浦和FWエスクデロ獲り狙う(ニッカン)

神戸がエスクデロ獲得に動いているらしい。若い頃からずっとレンタルに出してレギュラーとして出場し得点感覚を磨けば面白い素材の選手だと思っていて今はそのとおり大きく成長したエスクデロ。本当はかつてのフッキのような形を理想に10代の頃にJ2にレンタルという形で育ててほしかったのだが、クラブはいつまでもそうしてくれずついには完全放出してしまった。

当時のエスクデロは判断力は良くなくミシャサッカーには向かないイメージがあるもののシンプルにプレーさせれば技術もフィジカルもあるのでカウンターと個人技主体の神戸には合っていると思う。(神戸は来季監督を代えるそうでややタイミングが悪い印象もあるが)

もし神戸にエスクデロが入ればレッズに縁のある選手もなかなかの人数になってくる。加えて前線に強力な外国人選手を揃えているという構成も個人的に好みなので来季は直接対決と順位争いを除いてレッズの次に神戸を応援してもいいかもしれない。

もしこれで山田直輝でもレンタルで入るとして来季レッズが情けない戦いをしていれば一部ファンには本当に応援クラブ自体を乗り換えられるかもしれない。フロントにはそういう危機があるということを理解して今オフの補強をしてほしいと思う。
・【補強情報】アーセナル所属の元日本代表・宮市亮(21歳)、浦和レッズへの移籍が浮上(浦議)

数日移籍情報を眺めていなかったからこんな話題があったこと自体知らなかった。しかしリンク先の記事の内容を見てみると極めて信憑性が薄そうで具体的な話は一切出てきておらずとりあえずレッズの名前を出して釣ろうとしている記事という感じなので実現の可能性は極めて低いと思われる。

真面目な話原口の抜けた穴をどう埋めるのかということは課題だが、宮市の実力はどうなのだろう。凱旋試合も代表戦でも詳しくは分からなかったのでなんとも言えない。しかし欧州から帰ってきたとなれば年俸がかなり要求されるであろうし、関根をシャドーとして育てた方がいいのではないかと思う。
・甲府の来季監督 ベルデニック氏と交渉(ニッカン)

甲府がズデンコ・ベルデニック監督と交渉。まず甲府は城福監督を退任させるのかとそちらが意外だった。たしかにあのサッカーだと上位に進出する目はほとんどないもののあの守備力は厄介でチームの予算を考えても個人的にはかなりよくやっていると評価していたのだが。

なにはともあれここでベルデニックと接触したという甲府の判断は「そろそろ上を目指す」と見て良さそうか。大宮時代のベルデニックを見ると組織的なディフェンスという点では合うかもしれないがあの頃はズラタンとノヴァコがいたので参考にしかねるところがある。前線にあれだけ力を持った選手が居れば今の城福監督のサッカーそのままでもそれなりに上にいけるのではないかと思うので。実現したとしてベルデニック甲府はどんなチームになるのか。
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。