HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトサッカー日本代表  »  U-23 ロンドンオリンピック第二戦 日本vsモロッコ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク

<U-23 ロンドン五輪 GL第二戦 7/29>
 結果 
 日本 
 1-0 
 モロッコ 
 永井謙佑(後半39分) 
 得点者 
  


スタメン
GK 権田
DF 酒井高・鈴木・吉田・徳永
MF 山口・扇原・東・大津・清武
FW 永井

78 大津→齋藤学 90 清武→杉本


連勝で早くも決勝T進出決定

まさかこのチームがGLを突破することになるとは。ここまでのアジア予選や直前までの親善試合を追ってきて難しいだろうと思ってきたがワールドカップ南アフリカ大会のフル代表といい始ってみるまでは分からないものだ。

今日のゲームは前半序盤は完全にモロッコのペースで日本はミスも多く悪い入り方だったがそこで相手が決めきれなかったことで後半は攻め疲れて自滅した感もあったので前半支配されたのはむしろ良かったのかもしれない。

今日の永井は動きは悪くないものの最後のところで精度を欠いているようにも映っていたがそれでもああいう決勝ゴールを決めきるところは流石で、優勝したアジア大会もそうだったがやはり国際大会で永井が一番前に居ると実力以上に何かが起こるという期待感がある。

ディフェンスは二試合連続の完封でこれで欧州に来てから4戦で3完封。スペイン戦に比べると危ない場面もあったが完全に崩される形は多くは無く吉田を中心に纏まったディフェンスを見せている。

これで早くも決勝トーナメント進出が決ったわけだが次のホンジュラス戦はどのように戦うのだろうか。今日の試合を見るとスペイン戦のハードワークによる疲労の蓄積も大きい感じでなるべく選手を休ませるべきだとは思うが、次もある程度の結果を残し1位突破しなければブラジルと当ってしまう。

このあとスペインとホンジュラスが引き分けならば今節で1位突破が決るが追い詰められたスペインはなんだかんだで残り二勝してくるのではないかとも思うし、もしもホンジュラスが勝ったとしても状況は同じで、やはり次戦も引き分け以上の結果は必要になるだろう。

そんな他チームとの駆け引きや現在チームのリズムが良い事もあり選手を温存し休ませたい反面最終ラインなどは弄りたくないという気持ちもありそうで次戦はどういったメンバーと姿勢で臨むのか気になる。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
サッカー日本代表   U-23   ロンドン五輪   モロッコ   関塚隆   大津祐樹   清武弘嗣   吉田麻也   永井謙佑   徳永悠平  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。