HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト高校野球  »  2012年夏 高校野球埼玉大会準々決勝 花咲徳栄vs浦和学院
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク

【第94回全国高校野球選手権大会埼玉県予選 準々決勝】

花咲徳栄 1-2 浦和学院
花咲徳栄000000001|1
浦和学院01001000×|2


浦和学院が昨年の覇者徳栄を下し準決勝進出。好カードに期待させられ会場まで足を運んで観戦したが正直内容は両チーム共に悪く締まらないゲームで会場の雰囲気もいまひとつ盛り上がらなかったと感じたところでもある。

浦学は先発の佐藤の制球が乱れに乱れ四死球を連発、徳栄の高橋と上田もそんな感じで序盤から互いに相手のミスからいくつもチャンスが生まれた。にも関わらず攻撃側も単純なミスや打ち損じで簡単にチャンスをふいにして、お世辞にも投手が良いとは言えない状況なのにほとんど得点が入らず投手の乱れ以上に両チームの攻撃の力の無さが目立った。

この試合はどちらかといえば浦学の調子の悪さの方が目立ち徳栄のゲームで序盤で単純なミスなくチャンスをものにしていれば勝てていただろうに。浦学の林崎と緑川の好守に阻まれたこともあるが進塁打を打ちたい場面に限り打ち上げが多く勿体無かった。

そして今年の浦学はやはり打撃力が無さすぎる。これは昨夏どころか今春や昨秋の同チームのそれよりもむしろ落ちているのではないか?昨年バットコントロールが抜けて巧く打撃面であれだけ活躍した佐藤ですらほとんど芯に当っていなかった。

やはり浦学は夏に伸びない、三年生で伸びない。毎年二年生秋が最強でその後の成長が止まってしまうという印象があったが今年も同様かもしれない。と昨秋からセンバツまでの今年の戦いを見て期待していただけに少し落胆が大きい今日の浦学のゲーム内容だった。このままでは今年の夏の甲子園も埼玉県勢は勝てない、今日の試合ではそう頭を過った人も多いはず。

とりあえず浦学はこの試合を突破し今夏の甲子園埼玉県代表に一番近い学校には変わりないので今後なんとか調子を上げていってほしいものだ。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
高校野球   第94回全国高等学校野球選手権埼玉大会   埼玉県   準々決勝   花咲徳栄   浦和学院   森士   佐藤拓也  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。