HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトサッカー日本代表  »  U-22 ロンドン五輪最終予選 日本vsマレーシア(Home)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク

<U-22 ロンドン五輪最終予選 第一戦(Home) 9/21>
 結果 
 日本 
 2-0 
 マレーシア 
東慶悟(前半10分)
山崎亮平(後半31分)
 得点者 

今日は簡単に。結果が出せたのは良かったが課題の多い試合だった。前半はワンタッチで動かすさばき自体は良かったのだが攻め急ぎすぎて中に枚数が揃わずに攻撃が機能していなかった。中央(CF・トップ下・ボランチ)の選手がもっと巧くキープして試合コントロールする必要があったように思う。

得点をあげた東はその時のパス&ゴーの動きは素晴らしかったがその他の場面ではトップ下として物足らなかった。また大迫もセンターで起点になることや各所での1対1の場面での勝負強さの面でも物足らない内容が目立ち引いた相手とはいえ先発は永井の方が良かったように思う。

それから元々展開の面で課題があったボランチも、両サイドへの展開も永井が入って以降ほしかった縦へのパスに関しても押し上げに関しても全体的に消極的で試合を支配できず、ここに中村や遠藤のような選手が居ると望ましいのだが。レッズの小島が成長すれば理想的なように思えるが。

レッズにはないチームプレーを叩き込まれた原口だがなかなか献身的によくやってはいた。ただやはり普段やりなれない連携面で、中央に入った時のボールをもらう動きであったり、判断であったり、動きに課題は多かったように思う。これに関しては少しずつ鍛えていってもらうしかないのかもしれない。本来はクラブがそれをやるべきなのだが・・・

個人の面ばかり書いたがチームに関してはまだ発展途上でなんともいえないところ。ただ今日の内容は正直あまりよくなく、関塚ジャパンは今のままだとW杯前の日本代表の岡田サッカーのような中途半端なポゼッションサッカーになってしまうのではないかという懸念もある。


うーんなんだかネガティブで纏まり悪い文章。最近レッズがずっとあんな調子だからせめて日本代表には、と良い内容で快勝してくれることを期待しすぎたのかもしれない。とりあえず結果が全ての予選で見事に結果が残せたのは良かったし、原口も良い経験を積めているし、1点目の清武のあの意表をつくパスも素晴らしかったので良い面も沢山あった。

それにしても清武と永井は代表で常に結果を出し続ける。清武はフル代表も含めて何試合連続で得点に絡んでいるのだろう。永井もJでこそなかなか結果は出せないがこのチームでは出るたびにほとんど得点に絡んでまさに大黒柱。昨年は下馬評を覆したアジア大会の優勝もあったし永井がいれば今後もそういう結果を期待できるかもしれない。


サッカーダイジェスト 2011年 10/4号 [雑誌]サッカーダイジェスト 2011年 10/4号 [雑誌]

日本スポーツ企画出版社 2011-09-21




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
サッカー日本代表   U-22   ロンドン五輪予選   マレーシア   関塚隆   清武弘嗣   原口元気   濱田水輝   永井謙佑  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。