HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  浦和レッズ、夏市場で動きはあるのか
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク

そろそろ夏の移籍市場も迫ってきて各クラブでは新外国人選手獲得の動きなどが活発化してきた。レッズは果たしてこの夏動くのか。シーズン前の監督の言葉からするになんとなく獲得はないようにも思えるが。

上を目指すのであれば今やっているサッカーの1トップにフィットする選手の今夏での獲得は必須、かと言ってそれを獲得すれば原口や復帰後の山田直輝などの育成はどうなるのか。勿論育成のためにリーグを戦っているわけではないので獲りにいくべきだとは思うが複雑な心境でもある。

クラブとしても監督としてもファンやサポーターとしてもそのあたりの"今シーズンの捉え方"を明確に共有できればいいのだが、今は今年上を目指す、今年は育成でいい、などの考えがいろいろと交錯している印象もある。


一方獲得以外の放出面、主にレンタル移籍での若手の放出はどう考えているのだろうか。平川の控えが宇賀神という現状を見るに高橋や岡本のどちらかはレンタルで出して経験を積ませたいところだし、濱田あたりも山田暢久をCBの控えと見るならレンタルで出してもいいのではないか。

スピラも移籍濃厚なのでそれを考えると濱田は高さ的に必要かもしれないが、ここ数年のレッズは出場機会を得られず伸び悩む若手を巧くマネジメントできないことが多すぎる。ロンドン五輪代表に選出が0というのも当時のユース黄金世代であることを考えると寂しいものだ。

それから以前にも書いたがエスクデロがもしも選手として大成する可能性があるならばそれは1にも2にも実戦経験と自信の積み重ねだと思うので、本当は4~5年前からそうするべきだったと思っているが、そろそろ一度J2で使ってくれそうな場所へレンタルに出した方がいいのではないだろうか。

経験次第では化ける可能性もある選手だと思うからこそずっとそう思っている。田中達也やデスポトビッチに押されて控えにも入れないのでは成長できない。もっとも今のレッズには前線で納めるパワーが必要でエスクデロはその才能を持ってはいるのだが、システマティックにそれをこなせるようになるにはやはり実戦経験で考える力を鍛えるしかないとも思う。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
Jリーグ   浦和レッズ   濱田水輝   高橋峻希   エスクデロ・セルヒオ   夏の移籍市場  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。