HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  ナビスコカップ2012 予選A組第七節 vsサンフレッチェ広島(Home)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク


浦和レッズ 3-0 サンフレッチェ広島
得点者:デスポトビッチ 43' 野田紘史 63' 矢島慎也 80

スタメン
GK:山岸
DF:槙野、山田、濱田
MF:野田、鈴木、小島、高橋、柏木、矢島
FW:デスポトビッチ

SUB:加藤、永田、岡本、野崎、阿部、田中、原口


終わってみれば三得点の快勝。前半は得点場面以外はほとんどうまくいかずフラストレーションが溜る展開だったがそれでもうまい具合に先制し、後半は完全に相手を圧倒した。今のサッカーは先に1点が取れると楽になる。

1G1Aと活躍したデスポトビッチはやはりサイドから来るボールにワンタッチというあの形はもっている。そしてアシスト場面では見事なポストプレーをしそれを確実に決めた矢島のプレーも鮮やかだったのでやはり今のレッズは1トップが確実に仕事をこなしさえすればさらに伸びるチームだと感じる。

デスポトビッチは結果を出したので良かったのだが、やはり全体的に見るとあまりボールが納まらず1トップで生かすには難しい選手だと感じる。後半のアシスト場面のような形を継続してだしていければフィットしそうなのだが。

昨年エジミウソンが移籍前のホームラストゲームで1G1Aを記録した試合があったけどこの結果はそれを思わせるところがありデスポトビッチもこれがラストなのかなとも思わされる。

選手では今日は前線では田中達也と矢島が良い動きを見せていた、二列目の選手層ばかりがどんどん厚くなってくる。あとは阿部、それからCBで抜群のディフェンスを何度も見せていた山田暢久の存在感が光った。

山岸もセービングでは加藤に遜色ない活躍でこれだけのキーパーが二人以上いることは頼もしい。野田は得点シーンは完璧なヘディングで素晴らしかったがクロス精度やビルドアップ精度をもう少しあげなければならない。

それから濱田と高橋に関しては物足らない面も多かったのでもっと良い動きを見せてアピールしなければレギュラー陣の牙城を崩すのは難しい。


これで今年のナビスコは終了。もっと先まで進みたかったが多くの若手選手に経験を積ませることもできたので実りもあった大会だと思う。今日出場したサブメンバー達は今後リーグでもどんどん出てきてチーム内の競争を活性化させてほしい。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
ヤマザキナビスコカップ   浦和レッズ   サンフレッチェ広島   ミハイロ・ペトロビッチ   濱田水輝   デスポトビッチ   山田暢久  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。