HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  ナビスコカップ2012 予選A組第五節 vsサガン鳥栖(Away)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク


浦和レッズ 1-2 サガン鳥栖
得点者:豊田陽平 52' マルシオリシャルデス 77' 水沼宏太 80'

スタメン
GK:加藤
DF:坪井、永田、濱田
MF:平川、鈴木、阿部、梅崎、柏木、マルシオ
FW:ポポ

SUB:山岸、山田、高橋、小島、田中、デスポトビッチ、原口


ナビスコカップ終戦

早くもナビスコが終わってしまった。昨年散々の成績で今年はリーグでの立て直しができればいいとは思っていたがこうなるとやはり残念でもある。

今日は全体的に鳥栖が支配するゲームとなったが鳥栖の運動量と守備はやはり手強く対戦して改めてそれを感じた。しかしそれを差し引いてもレッズのプレーに物足らなさを感じる内容だったか。

特に感じたのは後方からのビルドアップの悪さ。いつもは槙野がやっている場所に濱田が入ったがビルドアップの面で全然物足らなかった。パス出しにしても攻め上がりにしても梅崎が前線でボールを持った時のフォローもほとんどなくストロングポイントの左サイドの攻撃力が発揮できなかった。

元々濱田は上がっていくタイプではないので仕方ないとは思うが、このサッカーで生き残っていくためにはビルドアップ能力を身につけるのは必須で、ましてや今日は守備でも豊田を放してやられてしまったので、個人批判ではないが今のままではこのチームのやり方だとピッチ上で通じる武器がない。

しかし坪井サイドも攻撃面では目立てないので濱田ばかりは攻められない。中央が潰されているのに両サイドがこの調子では厳しい、今のチームにとっての槙野の存在の大きさを改めて感じる。

あとはポポがいない時の前線の納まりどころのなさも課題か。原口はやはり二列目の方がいい。デスポトビッチがせめてもう少しポストができるタイプなら、2トップにして裏を狙わせる分にはなかなか良さそうな選手なのだが。

そしてマルシオの得点率は圧倒的に凄いがここのところ他の選手がほとんど得点を取れていないことが気になる。とる人がとることは良い事だがその他の選手の決定力の無さも浮き出てきている。


ということで残念な結果となってしまった今年のナビスコだが、長いリーグ戦はまだまだこれからが本番。課題を解消しつつ前に進んでいきたい。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
ヤマザキナビスコカップ   浦和レッズ   サガン鳥栖   ミハイロ・ペトロビッチ   濱田水輝   坪井慶介   マルシオ・リシャルデス   デスポトビッチ   ポポ   原口元気  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。