HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトサッカー日本代表  »  サッカー日本代表 ブラジルW杯アジア3次予選第二節 vsウズベキスタン(Away)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク

<2011 W杯アジア3次予選ウズベキスタン戦 9/06>
 結果 
日本
 1-1 
 ウズベク 
 岡崎慎司(後半20分) 
 得点者 
  ジェパロフ(前半8分)

最終予選で当ってもおかしくはないアジアの強豪ウズベキスタンのアウェー戦。予想通り厳しい試合展開になったがなんとか追いつくことが出来た。様々な要因で試合の流れは相手に向いており内容でも全体的にはウズベクが上回っていたのでそんな中でも勝ち点1をもぎ取ったこの結果は日本にとっては良い結果と言えるだろう。


この試合ザッケローニは思い切って長谷部をトップ下に上げて遠藤と阿部のダブルボランチという布陣を試みたわけだがこれが失敗し日本の流れを悪くしてしまった。長谷部と遠藤のダブルボランチの安定感は他の組み合わせと比較して群を抜いており今の日本サッカーを支える一番大切な部分と言っても過言ではない。実験的な意味合いもあっただろうがそこを弄る必要はなかったように思われる。

しかし機能しなかったとはいっても前半序盤から何度もチャンスは作り出しており、おいしいところにボールも零れてきていたのでそこで得点をあげられれば全く違う展開になった可能性もあるのでこの変更が間違っていたとも言い切れない。

ただ個人的には今日のようなディフェンスラインがやや緩めな相手にこそ流動的に動いて味方とのコンビネーションで崩す柏木のようなタイプが有効だったのではないかと感じた。また清武先発でもよかったし、李をトップ下に置くという選択肢もありだったと思う。

長谷部も元々トップ下の選手でそれほど悪くはないのだが、あのドリブルの推進力、中盤の底からの組み立てとスルーパス、そして守備におけるスピードと運動量を考えるとやはりボランチが一番力を発揮できると思うし、上気したダブルボランチの安定感から見るチームのバランスを考えてもトップ下の選択は良かったとは思えない。

しかし長谷部・遠藤がいつでも揃うというわけではないので緊張感のある実戦で他の形を試しておく必要もあるだろうし今日のフォーメーションの全てがマイナスだったわけではないだろう。それでもこの試合で試すにはややリスクが大きかった気はするが。

失点の場面はサイドが上げさせてしまい、センターは競負けまたマークも外してしまい、いろいろなミスが重なって起こったものだった。その一つでも競り勝っていれば、失点とはえてしてそういう状況で生じるものであるが、この試合はやや"個人技での競負け"が目立ったので世界と戦っていく上ではそこも強化していかなければならないだろう。

勿論この試合の個人技での競負けや細かいミスはピッチコンディションも大きかったとは思う。ボールを止めるのにいつもよりも時間が掛かってしまいその間に詰められたり取られるケースが普段を考えると異様なほどに目立っていた。それもアウェーの難しさか。

後半はフォーメーションを戻したことで前半間延びしていた攻撃の組み立てが良くなった。そして前半ではクロスのミスが目立った内田だが後半は身体を張ったディフェンスに加えアシストとなったクロス、それからおとりになるサイドの駆け上がりなど随所で良いプレーを見せていた。

それから前半良いクロスを連発していた駒野も目立った。左サイドはやや突破されがちではあるのでそこは課題も残ったが。あとは守備における遠藤の貢献度、そして決定的な1対1を止めた川島のビッグセーブは見事だった。


キーパーと1対1になったハーフナーは角度はなかったがきめたかった。それからロスタイムの香川のクロスも中で合えば。と勝利できなかったことは残念ではあるがそれを言えば逆に失点と敗北の危険の方が多かった試合でもあり、環境や試合の流れ、それから前試合の結果を鑑みればなかなかの結果と言えるだろう。



前回のギリギリで勝利した北朝鮮戦、そしてこのウズベキスタンと最終予選で当る場合を考えるとその時は確実に勝ちたい相手でもありそういう点ではここ2試合の内容は物足らないものもあるかもしれないが、ホームで勝ってアウェーでは負けない、予選の結果としては理想的な勝ち点の積み重ねができていると思う。

次はタジキスタンとの2連戦。この二試合は両方とも是が非でも勝利がほしい試合でそれ故の難しさも出てくるだろう。ここ二戦の相手よりもだいぶ格下の相手ではあるが北朝鮮もウズベキスタンも苦戦を強いられているので楽な戦いには決してならない。気を抜くことなく絶対に勝ち点6を目指したい。



日本代表激闘録 2010FIFAワールドカップ南アフリカ アジア地区最終予選 [DVD]日本代表激闘録 2010FIFAワールドカップ南アフリカ アジア地区最終予選 [DVD]
スポーツ

ジェネオン・ユニバーサル 2009-12-02

ザックJAPAN 3つの選択ザックJAPAN 3つの選択
杉山 茂樹

エイ出版社 2011-08-08

ザッケローニ 新たなる挑戦ザッケローニ 新たなる挑戦
セルジオ・タッコーネ 利根川 晶子

宝島社 2011-02-10




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
サッカー日本代表   ワールドカップアジア3次予選   ウズベキスタン   長谷部誠   吉田麻也   清武弘嗣   岡崎慎司   内田篤人   ハーフナー・マイク   ザッケローニ  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。