HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトサッカー日本代表  »  サッカー日本代表 キリンカップ2012 vsアゼルバイジャン(Home)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク

<2012 キリンカップ アゼルバイジャン戦 5/23>
 結果 
 日本 
 2-0 
 アゼル 
香川真司 (前半43分)
岡崎慎司 (後半13分)
 得点者 

<スタメン>
GK 川島
DF 栗原 伊野波 長友 内田
MF 細貝 長谷部 本田 香川 岡崎
FW 森本


本田の調子を見てまずは一安心

やはり日本の攻撃の鍵はいかに中央で身体を張って貯めを作れる存在がいるかどうかで、本田が離脱して以降の日本はその面で巧くいかず調子を落とし3次予選ラストに連敗したわけだが、今日は復帰した本田が見事にボールを収め、またそこから数多くのチャンスメイクも見せていた。

本田復帰は良い材料だが今日は本田が貯めもゲームメイクもこなさなければならなかったので、ボランチ及び最終ラインのポゼッション時のビルドアップには問題も感じた。長谷部はアシストも決めたがまだ本調子でないように見えいまひとつ、細貝は守備は良かったがやはり展開力には欠ける。そしてDFラインからの組み立てもなかなかできていなかった。

日本の良い攻撃の形はOMFが受ける→ボランチに戻す→そこからサイドの深いところに、というパターンが多いが今日はOMFの受けから戻し、そしてそれを受けて展開するボランチやサイド選手のオーバーラップそれぞれが少しずつ噛み合っていないようにも見えたので連携面でも修正が必要と感じる。またDFが裏を取られる場面も何度かあったのでその修正も必要だろう。

二得点に絡んだ香川は全体的にはそれ程目立っていなかったもののここぞという場面の集中力と技術力は流石世界トップレベルで中心として活躍している選手なだけありレベルの高さを見せ付けた。この個人技は今後もこういった難しい局面を打開する大きな武器になりそうだ。

あとは代わって入った右サイドの酒井は良いアピールになったと思うし高橋もいろいろなことができそうな選手という印象でなかなか良かった。また後半の細貝の高橋との連携と守備面での貢献度は影ながら高かったようにも思う。
宮市は緊張でガチガチな感じで堅さが目立った気もするがまだこれから。


これでいよいよ本番のオマーン戦に臨むこととなる。本田の復調と香川の好調具合も見え、あとは長谷部の調子と遠藤のゲームメイク能力、それから最終ラインの調整が重要な課題となりそうか。引いた相手への練習としては良いゲームができたと思うので本番も今日のような展開にできればいいが。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
サッカー日本代表   キリンカップ   アゼルバイジャン   長谷部誠   岡崎慎司   本田圭佑   香川真司   細貝萌   ザッケローニ  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。