HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト高校サッカー  »  第90回全国高校サッカー選手権大会準決勝 大分vs市立船橋
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク

全国高校サッカーグッズ 第90回 高校サッカー ピンバッジ シルバー×グリーン全国高校サッカーグッズ 第90回 高校サッカー ピンバッジ シルバー×グリーン

大分 1-2 市立船橋

5度目の全国制覇に向けて市立船橋がダークホース大分を下し決勝進出。


試合は両チーム繋がないタイプということで予想通り前半から中央での攻防はほとんどないゲームとなった。大分は得意のロングボールで攻めるも市船は攻撃は最少人数で守備に枚数をさくチームなのでその攻撃はほぼ無効。大分にとってはある意味最悪の相性の相手と言ってもいいかもしれない。

市船は相変らず攻撃にかける枚数こそ少ないものの個人技で相手を圧倒。二点目などは7人以上居る相手DFに対してたった3人で点を取った。それからチームとして崩さずとも得意のセットプレーで先制。今大会はこれでもう既に6点目くらいのはずで脅威のセットプレー能力だ。

市船のサッカーは少し違うけど一昔前の2007年までの浦和レッズのイメージと近いかもしれない。攻撃にあまり人数はかけず守備はしっかりと固めつつも何人かの個人技で打開する。相手としてはカウンターを仕掛けるにも守備は揃っていて少ない攻撃に対しても高いレベルの個人技の前に手を焼く、なかなかどうして厄介なチームだ。

当時の浦和レッズしかり味方としてはそれでも勝てば楽しかったが、この内容は傍から見てそれ程面白い物ではなく、「憎らしい程強い」という当時のレッズや今の市立船橋を形容するであろう言葉の意味が分かった気がする。

ちなみに当時のレッズの苦手としていたチームは大分や千葉。0-0覚悟で徹底的に引いて守るかオシムのようにアグレッシブに動いてくるチームに弱かった。なのでこの市立船橋にもそんな戦術が有効なのではないかと思う。

それにしても市船の前線選手の個人技は巧い、少ない人数で局面を打開できるのもそれがあってこそ。どうすればあれだけ巧い選手が集まってくるのだろうか。近年の千葉県勢の各校の力には驚かされるばかりだ。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
第90回全国高校サッカー選手権大会   高校サッカー   大分   市立船橋   千葉県  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。