HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトサッカー日本代表  »  『ザックジャパンで一番欠かすことのできない中心選手は?』 アンケート設置
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク


サッカー日本代表『ザックジャパンで誰が一番欠かすことができない選手だと思うか』という意識調査をしてみたいと思いアンケートを設置してみた。

勿論誰が一番ということはなくほとんどの選手が欠かせない大事な歯車のひとつであることは前提であるが、どのような結果が出るのか。

こういう企画で管理人の見解などは影響を及ぼすので本来書くべきではないとは思うがそれ程読者も多くないブログで大した影響力もないので自分がどういう見解を持っているかということも書いてみることに。




アルベルト・ザッケローニ ザック革命 日本代表監督の素顔とリーダーの美学

<自分が考えるザックジャパンにとって一番欠かせない中心選手>

まずこの企画で概投票が入るであろう名前を予想すると、本田・遠藤・長谷部・香川・長友・今野・川島あたりではないかと思う。その中から個人的に今回は本田・遠藤・長谷部をピックアップしたい。

2011年冬のカタールアジアカップで攻守に渡ってMVPクラスの大活躍を見せ攻撃のオプションの一つとなり冬にはインテルに移籍した長友も欠かせない人材ではあるが今回は中央ポジションに注目する。


本田圭佑 2011年 カレンダー 「本田圭佑」

個人的にこの企画でまず最初に思い浮かぶのは本田だ。日本人離れした強靭なフィジカルを駆使したあのキープ力とポストプレーの巧さは群を抜いており、今までの日本が一番欲しくて一番足りなかったもの(FWの決定力もそうだが)をもたらした存在だと感じている。

ワールドカップの快進撃も劣勢だったアジアカップでの優勝もパラグアイ・アルゼンチンを破ったのも韓国に3-0で勝ったのも、全ての試合でこの本田の前線でのキープ力があったからだと思う。

現に本田が怪我で離脱してから代表は巧いように結果が残せていない。それは前線でキープする力が足りないからだろう。タジキスタンくらい力が離れている相手であれば問題ないが北朝鮮やウズベキスタンくらいの相手でも本田のキープ力がないと厳しかった。

それだけこのチームにとって前線でのキープ力というものは大切で本田の存在が不可欠ということだろう。それだけ大事な部分だからこそ不在の時に他にキープできるプレイヤーが欲しいところなのだがやはりあれだけ強い選手となるとほとんど思い当たらない。

本田はアジアとの対戦でもそうだが強豪国との戦いにおいては絶対に必要となる日本の中心選手だろう。


長谷部 誠 [2012年 カレンダー] 「長谷部誠」

次は日本代表のキャプテン長谷部誠。本田や遠藤に比べると居なくても影響が小さいのでは?などと思われているかもしれないが、長谷部程ドリブル・組み立て・守備・運動量と攻守に渡ってオールラウンドで力を発揮できる選手はそうはいない。

日本のMFは攻撃の技術に優れている選手はフィジカルや守備に難がある、守備に優れている選手は組み立て技術に難がある選手がほとんどだが、両面で高い能力を発揮できる長谷部はまさに攻守におけるチームの核であり一人でダブルボランチ二人分の特性を持っていると言っても過言では無い。

そして長谷部の特徴は精神面での強さでもあり、当時レッズに所属していた時代には20代前半でありながらあの闘莉王やポンテやワシントンにも劣らないほどの気迫を持っていたことが印象的だった。それが当時のレッズをアジアチャンピオンにまで押し上げた要因のひとつでもある。

長谷部が代表キャプテンになったのは岡田ジャパンの末期で南アフリカワールドカップの直前であったが、日本の大躍進はそこから始った。キャプテン長谷部の精神力が大きかったことは間違いないしこの選手の精神性はまさにチームの大黒柱にふさわしく、それは所属チームに大きな影響をもたらせるものだろう。


遠藤保仁 ヤットスタイル [DVD] 「遠藤保仁」

そして遠藤保仁。この選手はザックジャパンにおいて目立つスーパーなプレーは見せないがゲームの流れを読みつつ落ち着けるところは落ち着け攻める場面は攻める、さらには相手のチャンスの芽を摘む動きまでこなしているのだから本当に凄い選手だ。

先日の北朝鮮戦でもそうだったが遠藤が居ないと中盤の底でゲームが作れなくなる。遠藤のパス技術とゲームメイク能力はワールドクラスで守備もさり気無く巧いので中盤の底における遠藤の存在は必要不可欠。

先程日本のMFは攻撃と守備の能力が分断されていると書いたが長谷部だけでなくこの遠藤もその両面に優れた選手で、だからこそこの二人が不動のダブルボランチとして君臨し続けるのだと納得できる。

前線で駆け回る選手を生かすのも、得意のサイドバックの上がりを待つ貯めを作るのも、コンビの長谷部の縦への技術とモビリティを生かすのも、全てを担っているのがこの遠藤。Jリーグでずっとベストイレブンを受賞し続けているがそれだけ毎年安定して力を発揮し続ける不動心も屈指のものだろう。




<まとめ>
チームの柱たる長谷部のリーダーシップを含む総合力は屈指。だが試合中の役割などを総合的に見るとやはり遠藤が一番欠かせない歯車かなとも思う。しかし例えば今から強豪国とやるとしたらと思うと真っ先に本田の存在が欲しくなり・・・やはり誰が一番と結論はつけられないが、一応結論付けて締めくくるのであれば本田かな。あのフィジカルは他の選手には出せない。

・アンケート結果はこちら




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
サッカー日本代表   ザッケローニ   本田圭佑   長谷部誠   遠藤保仁  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。