HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  <浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク



浦和レッズ 4-3 FC東京
得点者:11分 柏木陽介 14分 武藤雄樹 17分 東 27分 関根貴大 62分 槙野智章 74分 高橋 84分 高橋

<スタメン>
GK:西川
DF:森脇、那須、槙野
MF:柏木、阿部、宇賀神、関根、武藤、興梠
FW:ズラタン

宇賀神→梅崎 ズラタン→李 関根→平川


勝利に値する試合はできた、が…

歯切れのいい連動した攻撃で一時は4-1と突き放すなど今日のレッズは勝利に値する良い内容を見せた。しかしなぜそこからああいうゲームにしてしまうのか。2点先制しそろそろ一度ゲームを落ち着かせたいと思った時に一瞬も落ち着かせられず失点してしまったがそこも含めてこれだけ簡単に失点していては終盤やCSの短期決戦はやはり厳しいと思わざるをえない。

最近は公式戦はおろか練習試合から大学生レベル相手に失点が止まらないが、ミシャの言うとおり試合は練習でやってきたことを出す場で練習でできないことは本番でもできないと思うのでそういうところから失点を止める意識を持たなければならないのではないかと守備に関して大きな課題を感じた。


しかし全体的には決してネガティブな試合ではなくこの大一番で緊張に勝って自分達のゲームをして理想的に差を広げ最後の最後も気持ちで防ぎきったことは賞賛に値する内容だった。攻撃に関しても単純にFC東京の守備と相性がいいのかもしれないが勇気のある縦パスの連続にサイドと中央をバランス良く織り交ぜたビルドアップに見所の多い良い内容だった。

特に最前線のズラタンが効いていて得点こそはなかったもののその存在は見ていて明らかに相手に圧力を掛けていた。収める技術だけいえば興梠よりおちるのだがズラタンがいれば単純にクロスを上げることにも可能性を感じ攻撃に迷いがなくなる、また中央で五分五分のルーズなボールに何度も競り勝ってくれてこの日は本当に大きく貢献していた。

レッズに一番足りないところは単純にフィジカル的な部分で特にパワー面でそれが言えると思うのでその一番足りないところを補って中央で戦ってくれたズラタンの奮闘は大きかった。


得点場面は1点目は崩しの形が良く槙野のパスも宇賀神の動き出しも見事だった。しかしクロスで失敗だと思ったらそれが運よく柏木に零れた、相手のミスだが柏木はよく詰めていた。

2点目は武藤のシュートが凄かったがそこに至るまでもチームとして良く崩せていた。4点目もチームとしてよく崩したというゴール。

2点目と4点目に関してはキック自体も誉められるべきだがこういう形があってもギリギリでことごとく入らなかったのが2ndステージでやはり最後のところは個人の精度がなければどうにもならない、逆にそれさえあればいくらでも点を取れるというのを改めて感じる今日の4得点でもあった。


あとは西川のセーブが大きく、ロスタイムのスーパーセーブの場面はシュートを見た瞬間絶対に入ったと思ったがよくあれを止めた。観戦の精神状態と脳内物質の影響もあるのだろうがあの瞬間の西川の動きは尋常ではなく早く映った。シュートの瞬間時間が凝縮されて終わったと思ったら西川が目にも留まらぬスピードでそれを防いだというような。

そこは手放しに絶賛したいものの、上記したようにそういう場面と展開を作らせてしまってはいけない途中までの試合内容だったとは思うのでそこは監督に雷を落としてもらって反省すべき、いやCSに向けても絶対にしなければならない部分だと思う。今更得失点で上回るのは考えていないが、こういうところの積み重ねが今得失点差で大きく負けている要因だと思うので。


交代で流れが悪くなったところもあるので采配も省みるべきだとは思うがズラタンはカード累積を考えればあの点差で下げて温存するのは普通だと思うし宇賀神関根も消耗していたので代えるのは仕方なく単純に交代の采配というよりも終盤はチーム全体の戦い方の下手さとして反省するべきだろう。

カウンターなら高木が適任だと思うし李もナビスコの時より収まらなかったのそのあたりは噛み合っていなかった。興梠を上げて高木を入れる選択はできなかったか。興梠も最近フィジカルコンタクトで劣勢なのでそれも難しいか。



なんにしても弱い弱い言われる終盤戦で途中までは素晴らしい内容の試合をし何より結果を出し次に繋げることができたのは良かった。

最後の二試合はレッズにとって大の苦手の嫌な相手の連続ではあるがそういう難しい状況を乗り越えることで逆に年間順位争いとCSを戦う勢いをつけて最後まで粘っていきたい。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
Jリーグ   浦和レッズ   ミハイロ・ペトロビッチ   阿部勇樹   柏木陽介   西川周作   関根貴大   武藤雄樹   興梠慎三   ズラタン・リュビヤンキッチ  

プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。