HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  <浦和レッズ2015> 第27節vs柏レイソル(Home)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク



浦和レッズ 1-0 柏レイソル
得点者:88分 高木俊幸

<スタメン>
GK:西川
DF:森脇、那須、槙野
MF:柏木、阿部、宇賀神、関根、武藤、梅崎
FW:興梠

興梠→李 武藤→青木 関根→高木


高木の移籍後初ゴールで劇的な勝利

まずこの試合レッズはいいゲームをした。ナビスコカップの敗退、運動量に球際や攻守の切り替えの意識、そして焦れずに最後まで戦うという今季の1stステージにあったコンセプトを見つめ直す必要があるという反省が生きていて今日は一つ一つのプレーからそれらが伝わってきた。

結果が全てなプロの世界でこの試合は「勝利」できたことが何よりだとは思うがその意識の変化というのはこの一試合の勝利以上に大きいものなのではないかと思う。ただしあくまでこれを続けなければナビスコの反省を生かしたことにはならず、この一試合だけで終わるのではなく今シーズン残りの試合でこういった良い内容の試合を続けていってほしいと思う。


攻撃は機能していたし守備も最後のところで集中できていたので勝利に値する良い内容だったとは思うが本当にギリギリの試合になってしまったのはこの試合もこちらの前線の決定力不足があったから。

興梠は相変わらず収めるものの決定機は尽く外してしまうし、武藤も身体のキレが悪くそれが精神面にも影響を及ぼしてイライラが募ってプレーの精度を欠いている印象がある。ここをなんとかしなければまずいと2ndではずっと思っているがなかなか改善の兆しが見えずまずい。

関根と宇賀神は一時期に比べるとだいぶ調子が上がってきてはいるが最後のパスの精度がまだ悪いのでそこをもう一段階上げていかなければ。また関根に関しては柏木からのパスなど決めるところは決めなければ。


李は二試合続けて良い動きをしていて興梠がこんな状態の今だからこそ頼もしくも見えるが次節にはズラタンが戻ってくるのでどうなるか。しかし興梠・武藤の調子が目に見えて落ちている今調子を上げてきてくれたのはチームにとって好材料だろう。

最後になってしまったが高木は移籍後初ゴールがこんな形になるとは。ありがとうと言っていいのかおめでとうと言っていいのか。厳しい環境のレッズを敢えて選んできてくれた選手なので応援する気持ちがないわけはなく、技術的戦術的云々は置いといてこの初ゴールはとにかく嬉しい出来事だった。


気合の入った良い内容に結果までついてきてくれて良い試合だった。だが槙野がカード累積で次節出られないというのは非常に痛い。次は清水戦でフィジカルの強い前線が多いのでそこでこそ槙野の戦力が重要と思っていたがどう対応するか。

個人的に次の清水戦は昨年9月のC大阪戦のような重要な試合だと捉えていて昨年はそこで負けたのが最後まで響く形となったが果たして今年はそういう試合を乗り越えて成長した姿を見せられるのか。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
Jリーグ   浦和レッズ   ミハイロ・ペトロビッチ   阿部勇樹   柏木陽介   西川周作   梅崎司   槙野智章   武藤雄樹   興梠慎三  

プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。