HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  <浦和レッズ2015> 第25節vsベガルタ仙台(Home)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク



浦和レッズ 3-1 ベガルタ仙台
得点者:10分 柏木陽介 23分 梁 37分 武藤雄樹 75分 ズラタン

<スタメン>
GK:西川
DF:森脇、那須、槙野
MF:柏木、阿部、宇賀神、平川、武藤、梅崎
FW:興梠

梅崎→李 柏木→青木 興梠→ズラタン


安定した試合運びで快勝

細かい点を挙げれば1-0の状況で少々緩めすぎて追いつかれてしまったことや後ろで余裕を持ってパスを回していたはずがあわや失点となったところなど修正点はあるが、試合全体を見ればレッズが終始自分達のペースで試合を進めて点も重ねた快勝のゲームだったと言える。

関根を欠いて宇賀神もあの調子なので今日は両サイドからの攻撃が厳しい状況にあったがボランチ二人の効果的な攻撃参加も効いて中央突破で活路を見出せた。もともとこの試合はサイド突破は厳しいと予想していたので仙台が前半5バックにしてサイドを固めてくれたのはかえって良かったと感じる。前線の起点も一つ減って失点場面以外は大して恐くなかったので。


■ レッズの得点シーン。柏木、武藤、ズラタンの活躍。

先制点は柏木のFK。いつ以来かというくらい久々に直接FKが決まった。柏木は最近腰の状態もあってセットプレーで良いボールを蹴れていなかったのでキッカーポジションに付いてもまず入らないだろうと思っていたが期待をしないでおくと入るので不思議なものだ。

相手が積極的に潰しにこなかったこともあるかもしれないがそれを差し引いても今日の柏木は動きが良くボールを持った時に何か決定的な仕事をする可能性を常に感じさせた。

二点目のゴールの連携には少し驚いて梅崎の折り返しで厳しいかと思っていたらあっという間に興梠が繋いで武藤が沈めてしまった。梅崎興梠の良さも出たがなんと言ってもあれに追いついて相手より一歩先に触ってゴールを決める武藤の空間把握能力と動き出しの早さが見事だった。

三点目はズラタンのゴールでこれも久々にCKからの得点。武藤は代表でCKも蹴れることを証明したがあれだけCKから決められなかったレッズでの一発目で入ってしまうとは持っているというか、とにかく本当にそのオールラウンダー性には驚かされ続ける選手。

ズラタンは欲しいところで点を取ってくれてこれぞストライカーという仕事だった。そして決めたあとは精神的な余裕もあってかボールの収まりも良くなってこのクオリティなら次の試合ではもっと長く使いたくなる。

今日はセットプレーから二つの得点が生まれたがそれが勝利に直結する点差そのものだったのでやはりいかにこういう機会をものにできるかが重要だと感じる。CKキッカーは暫く武藤でいいかもしれない。


■ 決定機でスランプの興梠、宇賀神はどうしたのか

前節でも書いたが興梠は今確実に決めるべき場面で外し続けるスランプに陥っている。いつかは入るだろうというくらい毎試合チャンスが来ているのだがそれでも決められない、長引くとチームとしても非常に厳しくなってくるので早く立ち直って欲しい。だが興梠は得点以外の部分では仕事をこなしているので仲間が点を取って勝てるならそれでいいという救いはある。

宇賀神はどうしたのかというレベルでボールを持った時のプレーが酷く、さすがにここまで来ると。零れ球のシュートで一回だけいい仕事をしたが本来宇賀神はカットインからの右足のシュートが得意でそれがなくなって縦だけになってから結果が出なくなったように思うので、槙野と武藤をより生かすためというのであれば仕方ないが、話し合ってその形も再び出せるように改善するべきではないか。それから橋本はこの宇賀神よりも悪いのか。

平川は無難にやったとは言えるし一切仕掛けられず物足らなかったとも言える。しかしそこは森脇が補いつつ良くやっていたか。森脇は積極的に攻撃のカバーをしていたのでそれが免罪符にはなるが守備で軽さを露呈して槙野なら身体を入れて防ぐような局面を何回か通させてしまっていたのでやはりこの選手の成長もしくは補強がなければ上にいくのは難しいと感じる。願わくば槙野ほどとは言わずとも球際の守備を身につけてほしい。


■ ミシャの采配

最初のカードで梅崎から李というのは宇賀神のできを考えても平川が最後まで持つのかと考えても腑に落ちないところはあったが、柏木のところに青木を入れたのは前回の仙台戦で終盤放り込んできた相手に対して柏木が二失点に絡んでいたので対策として理解できるしズラタンもピシャリと当った。




細かい課題や選手個人の問題点などはいくつか出たが終始自分達のリズムでコントロールできた良い試合だった。ここ三試合で試合運びの流れおよびチームの精神的な状態はだいぶ良くなってきたのでこの調子で引き続き粘り強く戦っていきたい。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
Jリーグ   浦和レッズ   ミハイロ・ペトロビッチ   阿部勇樹   柏木陽介   西川周作   梅崎司   槙野智章   武藤雄樹   興梠慎三  

プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。