HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト国内カップ戦  »  ナビスコカップ2015決勝T組み合わせ決定
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク

<ナビスコカップ2015 決勝トーナメント>
・F東京 vs 鹿島
・柏 vs 神戸
・G大阪 vs 名古屋
・新潟 vs 浦和


ナビスコカップ決勝Tの組み合わせが決定。レッズの初戦は新潟。先日は快勝したものの新潟にはまだレオ・シルバが控えているしリーグで低迷するクラブがナビスコで勝ち上がるケースはけっこう見られるものでまたレッズの代表選手も抜けることになるので簡単な試合にはならないだろう。

勝ち上がれば準決勝はガンバか名古屋、どちらにしても厄介な相手ではあるが互いに代表が抜けるので条件的にはそれ程不利にもならないはず。向こうの山を見ると決勝はなんとなく鹿島がきそうな気がする。

決勝トーナメントともなるとどのチーム厄介でここがいいという相手などはいなかったが新潟にFC東京にレアンドロが抜ける柏あたりなら比較的組し易いかもしれないとは思っていた。それから個人的に一番当りたくなかったのが神戸で抜ける選手も少なくレアンドロを加えた外国人助っ人が強力なのでそことはやりたくないと思っていたので悪いドローではない。

準決勝までは代表組抜きなのでそこでガンバとやるのも恐いと思っていたが西川・槙野・(ズラタン)と東口・宇佐美が抜ける両チームの条件はある程度均衡していると思うのでそれ程ナイーブになることもないか。

今後レッズとしては最も恐いのは興梠が代表に召集されること。もしそうなれば1トップができる選手が誰もいなくなり準決勝はおろか初戦の新潟戦もかなり危うくなってくる。ズラタンが代表じゃなければ、石原が負傷していなければとつい考えてしまう。短期的な補強も手だとは思うが、しないのであればそのケースを想定して何らかの戦術的対策を練っておく必要はあると思う。

現実的に興梠・ズラタン・石原がいなければ1トップは李になるが、その場合は二列目で納めて貯めを作れる選手を置くことが大切になる。李と梅崎だと互いにテンポが速すぎてキープによる貯めがつくれない。李と柏木でもフィジカル的に相手を背負って受けるには向かない。李のフリックを生かす動き出せる相方を武藤とするとやはり三人目は強いフィジカルで貯めを作ってくれる選手が絶対になる。現状それに向いた選手が欠ける三人以外に浮かばないが補強なしなら高木にそれをやってもらうしかないかもしれない。

2014年の原口に近い役割になるが高木にそれができるか。決勝トーナメントまではまだ時間があるので是非ともできるようになっていてほしい。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
ヤマザキナビスコカップ   決勝トーナメント   浦和レッズ   アルビレックス新潟   ガンバ大阪   名古屋グランパス  

プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。