HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト高校野球  »  第97回全国高等学校野球選手権埼玉大会 ベスト8~優勝校予想
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク


・週刊ベースボール増刊 第97回全国高校野球選手権埼玉大会展望号 2015年 7/25号 [雑誌]


2015夏の埼玉大会 7月10日(金)~7月28日(火)

・埼玉県高等学校野球連盟ホームページ
・第97回全国高等学校野球選手権埼玉大会(朝日.com)


<ベスト8予想>
浦和学院 富士見 市立川越 成徳大学深谷
川越東 花咲徳栄 春日部共栄 聖望学園




(各ブロックの簡単な展望) ※ブロック名はシード校より

1.浦学・昌平ブロック

本命浦和学院(Aシード)対抗昌平(Dシード)。今年の浦学の強さを見ると抑えられそうな学校はなさそうだが大宮西・川越工・南稜・昌平とここ数年の県大会で優秀な成績をおさめている相手が続くので浦学としても決して楽なブロックではない。歯車が狂えば番狂わせも起こりうる。


2.慶応志木・朝霞ブロック

本命富士見(ノーシード)対抗朝霞(Cシード)。実力が拮抗した混戦ブロック。シード校朝霞と慶応志木を中心にノーシードの坂戸西や栄東や富士見の存在が気になる。力は拮抗していると思うが毎年秋や春に強豪校と印象に残る接戦を見せている富士見が抜けるのではないかと予想。


3.春日部東・市立川越

本命市立川越(Dシード)対抗春日部東(Cシード)・埼玉栄(ノーシード)。シードランクは春日部東が上だが春の大会の結果を見ると堅い守備を持ち川越東とも最後まで接戦を繰り広げた市立川越が一歩優勢と見る。市立川越は第二戦で栄と上尾の勝者とあたりそこも難関だが乗り越えられるか。栄は新監督の下絶賛強化中だが結果が出るまではまだ時間が掛かるだろうと思う。


4.成徳大学深谷・浦和実ブロック

本命成徳大学深谷(Bシード)、対抗山村国際(ノーシード)。春の大会でベスト4の成徳大学深谷が本命。しかしこの位置のBシードは早めに負ける印象もあり初戦の相手が所沢北という点から見ても波乱の気配はなくもない。浦実・川口・武蔵越生も気になるが対抗は昨年開幕戦で徳栄を撃破した山村国際をその実績を鑑みて挙げておく。


5.川越東・西部文理ブロック

本命川越東(Aシード)、対抗西部文理(Dシード)。この位置のAシードもこけやすいイメージの埼玉大会だが組み合わせを見てもそれ程波乱の気配はなく順当に川越東の突破か。越谷西や鷲宮にかつての力があれば分からないが。


6.大宮東・花咲徳栄ブロック

本命花咲徳栄(Cシード)、対抗大宮東(Dシード)。花咲徳栄が本命。万一徳栄を倒すとしたら春の地区大会で狭山ヶ丘を倒した山村学園が気になる存在か。大宮東・ふじみ野・狭山ヶ丘・埼玉平成・不動岡も要チェック。


7.春日部共栄・正智深谷ブロック

本命春日部共栄(Cシード)、対抗本庄一(ノーシード)。春日部共栄と本庄第一が軸になるも両校とも今年は例年程の力はないという印象がある。春から夏までにどの程度チーム力を引き上げられたかが鍵となりそうか。


8.聖望学園・久喜北陽ブロック

本命聖望学園(Bシード)、対抗武南(ノーシード)。春の大会ベスト4の聖望学園が本命。同校を倒すところがあるとしたら二戦目であたる武南と春日部の勝者か。




<優勝校予想>
浦和学院

浦学は今年度のチームの実力と勝負強さをずっと見てきたので元々太鼓判を押す大本命ではあったが組み合わせを見ても浦学以外の優勝候補は全て逆の山に入ったという印象なのでかなり可能性が高そうだ。

浦学を止めうるのは川越東か花咲徳栄と思っていたが両校は同じブロックに入った。順当にいけば準々決勝で当る川越東と花咲徳栄の試合は今大会の行方を占う決勝以外では一番の盛り上がりどころになるのではないか。

そしてその試合は川越東が上回るのではないかと同校の秋から春の成長と充実度を見て感じている。かと言ってそこで勝っても次で聖望学園と当ったとしてセンバツの浦学と東海大四のようなことが起こる可能性も否定できずそこがトーナメント戦の難しいところなのだが。


優勝の本命は浦和学院、対抗は川越東と見ている。浦学はまとまりの良い好チームで今年度のチームは確実に全国でも屈指の強豪といえる。必ず良い結果が出せるとは言いきれないが甲子園に送る上では一番期待できる。

川越東は今夏甲子園に出場したとしても経験的に難しいだろうが数年後を見越せばこの学校が甲子園に出ることも県勢の財産になりそうな気がする。

両チームの対戦はここまで浦学の3連勝。全て決勝戦で浦学が勝利している。しかし川越東は最後の夏の一発勝負で上回るためにしたたかに立ち回って経験を積んできたようにも見えた、川越東にも勝機はある。

だが浦学だけを見ていてはそこまでに負けてしまう危険もある、それは浦学にも他の学校にも言える。今年は果たしてどのような大会になるのか。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
高校野球   第97回全国高等学校野球選手権埼玉大会   2015年夏の埼玉県大会   平26年度夏季埼玉大会   浦和学院   花咲徳栄   川越東   春日部共栄   市立川越   聖望学園  

プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。