HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  <浦和レッズ2015> 第16節vsヴィッセル神戸(Away)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク



浦和レッズ 1-1 ヴィッセル神戸
得点者:27分 梅崎司 84分 渡邉

<スタメン>
GK:西川
DF:森脇、那須、槙野
MF:柏木、阿部、宇賀神、関根、梅崎、武藤
FW:興梠

柏木→青木 梅崎→ズラタン 興梠→橋本


鬼門で価値あるドロー、1stステージ優勝を飾る

レッズにとって大の苦手のアウェイ神戸戦。スタジアム・個人技主体の相手・主審、様々な条件もあって予想通りいや予想以上に苦しいゲームになったがそれでも負けず他所の結果に頼らず自力で優勝を決めることができた。

終盤のあの展開は昨年までなら負けていたと思うが状況が動くたびに声を掛け合い全員で変化に対応し凌ぎきった。そこが昨年から一番変わった部分でこの1stステージで好成績を残せた要因ではないかと思う。

まさにチーム全員の力でこの1stステージを勝ち取ったことを讃えたい。しかしあくまで目標は年間1位、長い目で見れば今日は下位のチームに勝ち点差を詰められた節でもあった。

疲労の蓄積や怪我人や気候条件が響いて最近は若干運動量の面などで陰りも見えているのでここで緩まず一呼吸できたところで更にチームを高めていってほしい。もちろんこのタイトルを喜ぶことも忘れずに。


■ 神戸のロングボール構成に苦しんだ前半

前半は神戸のロングボールに苦しんだ。神戸は攻撃の連携は未熟でほぼ個人技頼みだったが中盤を飛ばすロングボール+個人で仕掛ける前線の複数のタレントというACLで見るような構成は厄介でレッズは苦しめられた。

西川のあのミスは論外としても他にも一本のパスとドリブルから決定機を作られたケースが何回もあったのでやはりレッズにはこのやり方が効く。そして以前から書いているがこういう攻撃をもっと容易く凌げるようにならなければ来年以降もACLは厳しいしこれが今のチームの課題だと思っている。

このゲームは決定機自体は圧倒的に神戸で向こう優勢だった試合とは言えるが決定機一つ手前のチャンスはレッズの方が多く、単発ではなく連続していくらでもチャンスが作れる気配があったので組織的な攻撃ではこちらの方が一枚も二枚も上手だったとは感じる。


■ 槙野と柏木の好パフォーマンス

この試合はなんといっても槙野が効いていた。守備ではマルキにもペドロにもほとんど競り勝ち仕事をさせず先制点の場面も槙野のカットからのドリブルが起点だった。今季の槙野は一対一では本当に全勝しているのではないかというくらいほぼ全ての相手を押さえ込んでいて無敵な感覚がある。

柏木の足にボールが吸い付くようなカットも良かった。守備が課題な柏木ではあるが今日はその守備面でも光るものを見せていた。それから昨年までは大一番になると試合から消えるイメージもあったがこの試合でも力を発揮できたのは精神的な成長の証だろう。


■ 西川・森脇・興梠・武藤・梅崎

西川はペドロの抜け出しを防いだ場面は凄かったがやはり最近は大ポカとフィードのミスが目立つ。原因は疲労なのかなんなのか。今日はセービングでお釣りがくるくらいだったがあれが入っていたら洒落にならなかったのでどこかでギアを戻してほしいが。

森脇はこの試合のパフォーマンスは悪かったと思う。怪我明けだからだろうがコンディションが整っていない感じで攻守共にいつもの鋭さがなかった。

興梠は間で受ける動きも冴えて非常に効いていた。強いて言えば一つ決めていれば。武藤はアシストもあったがそれ以上に守備で戻って決定的な一本を防いでくれたのが大きかった。武藤は今日は少し調子が悪い印象があったがあの働きを見ると残したミシャの判断は正しかった。

梅崎は今年は短い出場時間の中でもよく結果を出している。多くの選手を補強したがそれによってこの選手や宇賀神が大きく成長している。


■ 主審飯田

審判は最悪だった。なぜレッズがこの審判で勝率が極めて悪いのかもよく分かる明らかなレッズに対する嫌がらせじみた働きだった。副審の判定を変えてまで相手に有利に動くわ興梠の守備の邪魔はするわイーブンな宇賀神の当りもカードにするわロスタイムは6分だわ本当に酷かった。特に副審の判定に従わない部分はならばなぜアウェイ仙台戦では副審のミスを覆さなかったのかと。あの場面こそ独自に判断してでもオフサイドにすればいい。


■ 次の新潟戦が大事

1stステージのタイトルは獲れた。しかし阿部の言うとおりここからが始まりで目標はあくまで年間勝ち点1位とCSの優勝。アウェイでの引き分けの次のホームでは勝ちが必要になる。緩まずに次の試合で勝ちきることができるか。また一からハングリーに戦うことができるか。今シーズンの今後を占う上でも次の試合は重要な一戦になる。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
Jリーグ   浦和レッズ   ミハイロ・ペトロビッチ   阿部勇樹   柏木陽介   西川周作   梅崎司   興梠慎三   武藤雄樹   槙野智章  

プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。