HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  浦和レッズ2015 クロス数が増えてきた
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク

 


・宇賀神が象徴的!!浦和クロス大国に(ニッカン)

今シーズン11節まででレッズのクロス数がリーグ1位に。たしかに最近クロスからの得点が滅法多くなったという印象があるがそこまで増えていたとは。

ミシャ就任以降、うろ覚えだが二~三年前までのクロス数はリーグでワーストから2番目くらいでサイドに持っていっても入れないので恐さがないと思った記憶があるのでいつの間にかそれが1位になっていたという変化に驚いた。


クロスが増えた理由は右に関根が入ったことで単独の突破はもちろんバランス的に左の宇賀神がより攻めやすくなったこともあると思うがやはり一番の理由は中の合わせられる選手の増加だと思う。

今までは興梠・原口・柏木にしても李・柏木・梅崎にしても基本的にはPA内に進入して合わせられる選手は一枚だけだった。興梠にしても点で合わせるのは上手いものの決して相手を弾き飛ばす強さやパワーを持った選手ではないので一人ではピタリとあわせなければならない難しさもあった。

梅崎はシュートという大きな武器はあるが純粋なFWタイプではないのでオフザボールでのPA内への進入の仕方にしろクロスに合わせることにしろシャドーとして使うにはデメリットがあった。柏木シャドーも梅崎のシュートがパスと前線からのゲームメイクという武器に変わっただけで基本的には似ている。

それが今では興梠・李・武藤なら三人とも中で合わせることができる。武藤はヘディングは苦手そうだがそれを補って余りあるスペースに走る上手さがある。三人が中に入れば誰かに合う可能性は高く入れる方も積極的に入れられるようになる。さらにズラタンのように純粋にパワーでポジショニングできる選手もいる。これが今クロス数とその成功が増えている要因だろう。

もちろん相手によっては梅崎シャドーや柏木シャドーがより有効な試合もあると思う。しかし全員がクロスに対してPA内で勝負できるという今の前線3枚の使い方は良いと思うしサイドが一枚余りそこから崩すというミシャのやり方も今年の補強でようやく嵌ってきたのかもしれない。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
Jリーグ   浦和レッズ   ミハイロ・ペトロビッチ   宇賀神友弥   関根貴大   ウイングバック   クロス  

プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。