HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト高校野球  »  【高校野球】平成27年度春季関東大会、浦和学院が2年ぶり5度目の優勝。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク



春関大会は浦学が優勝、川越東が準優勝。

埼玉県勢同士の決戦となった今大会決勝戦は浦和学院が制し二年ぶり五度目の春の関東大会制覇を果たした。


■ この舞台でも順当に勝ったといえる浦学の抜群の安定感

浦学は磐石の戦いっぷりで順当な勝ち上がりをしたが一昨年の夏の優勝校前橋育英や全国屈指の投手力を持っているという東海大相模を相手にしても勝ち上がりは「順当」といえるその安定感が凄い。今選抜での粘り強い戦いを見てもいよいよ本当の強豪として根付いてきている感覚が強い。

この春の大会では二番手以降の投手の育成も目的とし県大会では完全に江口君を温存したがその甲斐もあって小倉君が公式戦でどれくらい投げられるのか、夏にローテーションを組む目処が立ってきたと思う。

江口君は相変わらずの安定感で昨年秋関東以降の公式戦での完封率が凄まじい。東海大相模戦の奪三振数を見てもさらに延びているという印象も。センバツの東海大四戦を見ると左バッターを苦にしていた印象もあったが今大会はそれに対しても有効な球を使えていたのでこのまま調子を崩さなければ夏も絶対的存在になりそうだ。

打撃は3順目くらいから畳み掛ける勝負強さが健在。センバツでW高橋を打ち崩しているだけに相模の投手も苦にしないところが頼もしい。しかしクリーンナップの打撃が相変わらずの課題という印象でもあり、一昨年の夏もそうだったが軸の打者を夏に向けてどう仕上げるかが鍵になりそうか。

それから今大会は守備から粘り強く戦って先手を取るという浦学の野球が全試合でできていたが浦学の課題はセンバツ準決勝のように「先に点を取られた場合のそこから逆転する爆発力」だと思っているのであまりにも順調に行き過ぎて公式戦の場でそういうシチュエーションを体験できなかったというのは気がかりでもある。

もちろん今大会のように全試合先行逃げ切りができればそれが理想だがそれが上手くいかない時もありトーナメント戦では一回の負けが許されないので、果たして浦学はその課題を克服できるのか。



■ 準優勝川越東、確実に力がついてきている

惜しくも決勝戦で敗れたものの川越東も見事な成績を残した。昨年夏の県大会の準優勝、秋の関東大会一回戦突破、そしてこの春の関東準優勝と短い期間で確実にステップアップしている。

この春大会で川越東が凄いところは2番手どころか3番手4番手の投手も育成しながらあそこまで勝ち上がったことで着実にその選手層を増した。

そして浦学戦では県関東二試合ともエースを使わず、これは夏の大会の決戦に照準を合わせているからだと察するが、春の大会を勝ちあがりつつもその目は完全に夏に向けられているという雰囲気がありもし決勝対決が実現したら夏の一発勝負で川越東が一本取るかもしれないとも感じさせた。(直接対決でエースを使わなかったというのは浦学も同じだが。)

二つの大会を通じてエースを控えに回した川越東の投手陣だが県では聖望を抑えたり関東では各県の代表を抑えることができたのでチーム全体の底上げを感じる。そして打撃面でも関東の相手に撃ち負けない戦いができていてどんどん伸びを感じさせるチーム。



■ 夏の埼玉大会は

県大会それから関東大会の戦いを見ても間違いなく軸になるのはこの2チーム。3位枠で関東に出場した聖望も作新学院と接戦を繰り広げていたのでまずまずとは言えるが県大会で見た限りでは浦学と川越東が抜けていた。

三度戦って三度勝っている浦学の方が優勢とは思うが、上記したように川越東は夏に向けて照準を合わせて江口対策なども徹底して一発勝負で乗り越えそうなしたたかさと伸び白をもっていそうで夏にはどうなるか分からない。

夏の甲子園は一番勝てそうなチームに出て欲しいので基本的には一番強そうな浦学が希望だが、川越東も出れなければ勿体無いと思えるような面白そうなチームに成長してきた。

しかしこういう年に予期せぬ第三校が掻っ攫っていく印象もあるのが埼玉大会で、以前は浦学が絶対有力で徳栄もかなり有力という年に聖望がもっていったりした記憶がある。その聖望もなんだかんだで夏の甲子園ベスト8までいって最近の埼玉では最高の成績を残してはいたが。

今大会活躍したこれらのチームが夏までにどう仕上がっていくのか楽しみにしたい。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
平成27年度秋季関東大会   高校野球   関東大会   浦和学院   川越東   森士   江口奨理   荒木裕也   諏訪賢吉   津田翔希  

プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。