HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  ゼロックス2015 vsガンバ大阪
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク



浦和レッズ 0-2 ガンバ大阪


■ 最悪な采配、ミシャにターンオーバーは不可能

前線の組み合わせはある意味予想通りだったが、昨年の戦いを見てきて李と梅崎のコンビはもう限界だと何度思わされてきたことか。シーズンを棒に振る程の授業料を払ってまでそれを見極めたというのに、素人以下の采配。

ミシャは何も学んでいない。この監督にターンオーバーさせるなら新しい選手を獲ってくるよりも今居る特定の選手を放出するしかないと思い知らされた。ミシャは選手を大切にしていると言うが合わない組み合わせでその選手を窮地に追いやっているのは他ならぬミシャ自身だ。

内容は悪い試合ではなかった、しかし完全にペースを握っていた前半にまったく納まらない前線で悪戯に味方を疲労させパトリックを温存し後半勝負を考えていた相手にペースを渡してしまうという相手の指揮官の望みを自ら叶えたようなその仕事は長谷川以上にミシャがガンバの指揮官だったのではないかと思える。ズラタンを出すならそれこそ前半勝負にするべきだっただろう。武藤もあの展開で何が生きると思ったのか。那須の交代は何がしたい。


今年最悪なケースは第二節の山形戦までの5試合未勝利でACLの突破も限りなく厳しい状況になってそこでオジェックと同じようにミシャがクビになるパターンだと思っていたがそれも現実的になってきた。

今個人的には猛烈にミシャに対して怒りが沸いているがそれでも今シーズンは降格の危機でもない限りは解任せず乗り切らせるべきだと思っている。しかしこれではシーズン早々に解任に追いやられてしまうのではないかと不安が強まる。今のクラブはサポの発言を鵜呑みにせず距離を置いた姿勢を見せつつあるのでオジェックの時のように簡単には動かないと思うが。

戦術は常に遅攻ばかりだが相手の守備が揃うまで待っていてどうする。速攻は原口が抜けて以降は完全に影を潜めリーグの中でも最低レベルに下手なチームになってしまった。ポゼッションとボール回しは否定しないが縦に早い攻撃をもっていないチームのサッカーはつまらない。


今年はまだたった二戦終わっただけ、チームのエース興梠も控えている。この試合は内容は悪くなく前半からまともな前線を構築していれば展開はまったく違ったのではないかとも思える。しかしどれだけポジティブに見ても目の前にあるのはこの結果だけ。昨年と同じような展開とスコアになったが今日の戦い方とメンバー構成を見ればそうなったことはなんら不思議ではない。

ゼロックスのタイトルが取れなかったこと自体は別にいい、ACL初戦もこの試合も結局昨年までの悪いところが何も変わっていない、変わる気配がないことが一番の問題。補強で戦力の厚みは増したとは言ってもスタメン戦力の最高値自体は変わっていない、さらに監督がそれを上手く使いこなせないとなれば、ポジティブな要素が何も見つからない最低な試合だった。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
浦和レッズ   ミハイロ・ペトロビッチ   ゼロックス・スーパーカップ  

プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。