HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト高校野球  »  【高校野球】平成26年度秋季関東大会、浦和学院が2年ぶり5度目の優勝。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク



浦和学院が2年ぶり5度目の優勝!

浦学が秋関を制覇。出場できなかった昨年を除けばここ5年で4大会出場中4度の優勝と異常なまでの好成績を残している。これで全国でも同じように勝てれば、という気持ちもなくもないがこの秋の大会の強さとその戦いっぷりは本当に素晴らしいものだと思う。

秋関東大会2連覇が50数年ぶりで、3連覇は史上初、そして今年は連勝記録の更新と浦学の秋関での勢いはとどまること知らず。毎年選手が大きく変わる高校野球のましてや秋の大会でこれだけ安定した戦績が残せるのはやはり偶然や運では片付けられず、3年生が引退後もサポートを続けるという浦学の特色とも言えるのだろうと。


今年の浦学は中学までの実績豊富な選手層の厚さは例年以上に評判が高く期待も大きかったものの、埼玉大会序盤戦や練習試合の噂などを聞くに少々不安もあった。しかし試合を重ねる毎に強くなっていくような感覚があり関東大会では形成不利と見られていた優勝候補相手に完封勝利するなど大会を通じてチームも大きく成長していったのではないかと思う。

今年の浦学の強さはなんと言っても切れ目のない打線の力で9番の投手を除いて1~8番までほぼ切れ目のない打線が揃っている。特に下位打線まで次々に長打を放つところが強くその点に関してはセンバツ優勝時のチームの打線よりも上なのではないかと思える。

そして浦学の強みである内野守備の上手さも健在で今年のチームもキャプテン津田を中心に堅守を誇る。内野守備というとセンバツ優勝時のチームもかなりの実力者揃いだったがその頃に勝るとも劣らない力があるかもしれない。(見た試合数がまだ少ないのでまだなんとも言えないが)

投手はエース江口が球速はそれ程ないものの制球力と抜群のマウンドさばきでうまく内野ゴロに仕留めている。この雰囲気は小島と近い印象がある。見た回数が少ないのでなんだが印象的には球のキレと伸びとスタミナは小島、コントロールと変化球は江口に分があるという感じか。

江口はこのまま制球と球速を磨きつつゴロに打たせて取るタイプとして成長してほしいと思う。小島もセンバツ優勝時はそういうタイプだったがその後三振も取れるようになって逆にその良さが弱まってしまった印象もある。浦学の最大の武器は内野の守備、それを生かせるピッチングをするべきだろう。

第二の投手の育成がセンバツまでの課題となるか。現状二番手の小倉は球速はあるもののコントロールには不安のある投手。決勝戦の完投は収穫だが四死球を減らしていかなければ一発勝負のトーナメントでは使い辛い。

それから今大会の浦学は投手戦にしろ打撃戦にしろどんな展開でも集中して自分たちのペースに持っていった勝負強さが目立った印象がある。関東の舞台で堂々としつつも落ち着いた戦いができる、これも浦学がこの大会で勝ち続ける所以だろう。

逆に浦学にとって全国の舞台で足りないのはこういった部分で、神宮や甲子園でもこういう堂々とした戦いができるようになれば一つの歴史を塗り替えられるのだろうが。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
平成26年度秋季関東大会   高校野球   関東大会   浦和学院   森士  

プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。