HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  【18節神戸戦】追加点が取れないから
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク

18節の神戸戦は後半ATで追いついて0だったところ勝ち点1を得たということを考えると悪くないと見れなくもない。それにより3位川崎を1ポイント突き放せたし鳥栖には順位は抜かれたものの勝ち点では並ぶことができた。この勝ち点1はあるかないかでは全然違う。

ただし、そもそもこの試合は勝てる試合だった。相手にPJがいなかったことに加え前半の圧倒的にレッズの流れだった内容を見ていても。なので引き分けという結果に関してポジティブに捉えられない思いもある。

なぜ後半ああいう展開になってしまったかというとやはり前半早々に先制したレッズがそこでなおギアが上がらなかった神戸に対して「追加点を取れなかったから」、それに尽きると思う。相手の前半の内容を見てもそこで勝負を決めておく必要があったしやろうと思えばそれはできたと思う。

CKからの失点は仕方ない、何試合かに一度はああいうことは絶対にある。カウンターからの失点もある意味仕方がない。問題はいい時間帯に2点目を取っていなかったこと。2点目を取っていれば仮にセットプレーから失点しても慌てず済んだし二失点目のカウンターもなかった。

有識者によればレッズは先制後も攻めていたということだが、個人的には先制後一気にギアが落ちたように見え前半の残り時間で点を取れる気配をほとんど感じなかった。なぜそこで一気に緩めてしまうのか、ずっと追加点を目指す必要性を言っているが本当にいつまで経っても改善されない。二点を取ったらあの内容にしてもいいと思うが。

リードした後はカウンターの意識が高くなるがその精度にも問題があると思う。レッズはカウンターが上手いチームと解説者に言われているがここのところカウンターがズバっと決まる場面をほとんど見ない。原口が移籍したのでなおさらカウンターは難しくなっている。

もちろん相手によっては1点を守る戦いも必要になるがチームとして二点目を狙う意識をつけなければ今後の戦いはどんどん厳しくなっていくだろう。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
Jリーグ   浦和レッズ   ミハイロ・ペトロビッチ  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。