HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  <浦和レッズ2014> 第15節vsアルビレックス新潟(Home)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク



浦和レッズ 1-0 アルビレックス新潟
16' オウンゴール

スタメン
GK:西川
DF:森脇、那須、槙野
MF:青木、阿部、宇賀神、平川、柏木、梅崎
FW:興梠


大事な再開初戦を粘り強く勝利

予想通り苦しい試合になった。新潟とは不思議な相性でここ二年はどの試合も負けていてもおかしくない内容にも関わらず全て勝利しているが今日もその通りになった。それは勿論レッズの選手の守備の集中の賜物でもあるが、どちらかと言えば新潟の攻撃の雑さに助けられているところも大きいと感じるのでそろそろ内容でも盛り返していきたいところではある。

しかし前半は今までになく内容面でも新潟を押し込めていたしチームに進歩も見られたと思う。それからここ何試合かルーズになりかけていた守備も本番ではきっちり立て直して中断前と同じ必勝パターンで逃げ切れたことも今後の戦いに向けてポジティブに見れる材料だろう。

蹴り出すだけでキープもできず一方的に攻撃され続けた後半の内容は抑えることに徹したにしても悪く改善しなければならないところだが。ACLの全北戦ではああいう形で二度やられているし今後のことも考えると今守れているから良いで済ませてはいけないと思う。少しずつ改善していくべき。

(余談だがこの新潟戦もレオ・シルバの活躍が凄かった。一人で5~6人分くらい活躍している感じで最近ではいつも「浦和レッズvsレオ・シルバ」になっている印象がある程。)


反省点も多かった試合だが後ろの選手たちの球際での集中した守備に抜群の安定感を見せた西川、出れば仕事をする平川、シャドーでも持ち味を発揮した梅崎、一つ一つのプレーでレベルの高さを見せていた柏木など各選手の良いところも見られた。

ネガティブだったのは興梠に代わって1トップに入った李がほとんど何もできなかったこと。パワーでもスピードでも起点になれず唯一の武器であった決定力の面でも決定機を逃すばかりで今日のプレーではとても1トップは任せられない。興梠不在の選手層に不安が出てきた。

ただし李は組立の起点となることよりも押し込んで前に人数をかけた状態でのダイレクトプレーを得意としているので今日のような試合だとそれ程生きるタイプではない、そこは考慮する必要はあるか。


なにはともあれ厳しい相手に対して目標の勝ち点3を獲得。どんな不格好な形であっても粘り強く一戦一戦集中して勝利をもぎとっていく、それができればいいと思うし今の戦っているチームの姿勢は支持できる。

次は徳島戦。今までのレッズの歴史を見ても正直ずっと前から楽しみ以上に怖くて仕方がない一戦なのだが、同時に2位鳥栖と3位川崎の潰し合いもあるのでその隙になんとしても突き放しておきたい、楽な試合には決してならないことを覚悟した上で絶対に勝ち点3を持ち帰ってほしい。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
Jリーグ   浦和レッズ   アルビレックス新潟   ミハイロ・ペトロビッチ   那須大亮   興梠慎三   柏木陽介   西川周作   阿部勇気   関根貴大  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。