HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  2014天皇杯 2回戦 vs浦安SC
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク



浦和レッズ 8-2 浦安SC
得点者: 11分 阿部勇樹、37分 上松瑛(浦安)、41分 興梠慎三、45+1分 宇賀神友弥、52分 梅崎司、58分 森脇良太、77分 興梠慎三、83分 鈴木啓太、90分+1分 関根貴大、90分+3分 清水康也(浦安)

スタメン
GK:西川
DF:森脇、那須、槙野
MF:青木、阿部、宇賀神、梅崎、柏木、李
FW:興梠


難しい初戦を大勝で突破

守備のところでは中断前まではなかった緩さが見えたなど課題も見られた試合ではあったが、今日は勝つことと来週再開するリーグ戦に向けてコンディションを上げていくことの二つが最大の目的だったので、毎年難しいこの初戦を落ち着いた試合運びでしっかりと得点を奪った上で突破しつつコンビネーションや課題の確認までできたのだから上々の内容,結果と言えるだろう。


今日の収穫としては前線の三人のコンビネーションが以前以上に進歩していたことが挙げられると思う。このチームの攻撃の生命線でもある前線三人の連携が以前よりもだいぶズムーズになったように感じられた。柏木は引き続き好調でW杯の影響もあってか中断前以上に自身の武器である前線からの追い込みと決定的な仕事への意識が高くなっているように思えた。

興梠は相変わらず1トップとしての収める仕事が最高に上手く今日の試合ではまるでずば抜けた外国人FWというような存在感を発揮していた。中断前は李と同時に起用される場合はシャドーで使われるケースも目立ったがどうやら同時起用でも最前線での起用で安定してきたようでチームとしてはこの形の方が好ましいと思う。試合後のインタビューを見ても自信が溢れているという印象でここからの活躍に期待したい。

李は今日は得点がなくその点だけは空回りしていたが実質的に3回程のアシストをしていてゴールに絡む仕事はしっかりできていた。それはシャドーとして考えれば十分な結果だしチーム加入当初と比較してもコンビネーションは断然良くなってきたと感じるのでこのまま連携を深めていければいいと思うし今日の無得点を悲観することはないと思う。



<各得点シーン振り返り>

2点目:柏木→李→興梠 : 柏木の前線のプレスと奪取からの速攻が見事だった、半分は柏木の得点と言ってもいい。今年の柏木はあのスタイルで自信をつけつつある。李のパスはやや強いのではないかと思ったが興梠にはむしろあれくらいの方がいいらしい。なぜかきめるだけのプレゼントパスを送ると外してしまうのでこれからも難しいボールを供給すればいい(笑)

3点目:西川→柏木→梅崎→興梠(スルー)→宇賀神 : 美しい流れからのゴールだった。特筆すべきはこの得点は西川から始まっているということで、普通ならフィフティーのボールを蹴り出していてもおかしくないところを得点に結び付けそれが試合の流れを完全に決定付けるトドメとなった大きな1プレーだった。ダイレクトで決めた宇賀神の判断と精度も素晴らしかった。

4点目:CK跳ね返り→梅崎 : なかなか見れないレベルのビューティフルゴール。今日の梅崎は全体的には悪かったのだがこの一発は見事としか言いようがない。キャンプの時からCKの跳ね返りをダイレクトで決めるシーンが目立っていたがこのプレーは梅崎がチーム内で一番うまい。

5点目:森脇ロング : 見ていてここは右サイドへ展開すべきだ、打ってもはいらん、と思っていたのだがあの距離から決めてしまった。やはり思い切って打っていく姿勢は大切だと思わされた。森脇はこのゴールは素晴らしかったものの守備では何度か危ない場面があり神戸戦の1失点目のようなミスもしてしまいあれはJでは確実にやられてしまうのでそこは注意してほしい。

6点目:柏木→興梠→李→柏木→興梠 : 三人で崩しきった。低い位置での柏木の遊び心あるチャレンジに興梠の身体を張ったキープ、李の精度の高いクロスに柏木が落として興梠とこれも美しい流れのゴール。

7点目:?→鈴木啓太 : 鈴木啓太のまさかのランニングループシュート。チーム内屈指のテクニシャン柏木ですら難しそうなゴールを啓太が決めるとは。これには驚くばかりだった。今日は青木の調子がいまいちだったので啓太のスタメン復帰も考えられる。

8点目:李→関根 : 李のオーバーヘッドパスから関根が独走し崩しきる。李の視野の広さとパスも良かったが関根のあのトラップ、そして一人で崩しきったドリブル、関根はトラップにしてもドリブルにしても一つ一つのプレーの精度が高く簡単な失敗をするところをほとんど見ない、大胆なプレースタイルに見えるがそういった細かいところで上手いことが活躍の秘訣だろう。



という今日のハイライト。力は落ちる相手だし攻めてきてくれていたので崩しやすかったということもあったので一概に楽観はできないものの良い形がいくつも見られたと思う。そして格上相手でも自分たちのスタイルを持って果敢に攻めてきた浦安SCの姿勢は讃えたいしこういうチームは伸びていくと思う。

今日の勝利は良かったが本当に難しいのは次からの試合で、今年は3回戦以降は真夏の過密日程という厳しい条件の中での試合となる。

そしてそこでは今日の試合に出られなかった選手達を含めてチームの総力が試されることになるであろうのでチーム全員でタイトルを勝ち取れるように各選手ここから続く試合に向けてコンディションを上げていってほしい。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
浦和レッズ   天皇杯   ミハイロ・ペトロビッチ   浦安SC   興梠慎三   柏木陽介   李忠成   西川周作   森脇良太   関根貴大  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。