HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト国内カップ戦  »  第94回天皇杯組み合わせ決定 難しい日程の中のやりくりは
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク

・第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会4回戦までの組み合わせ(日本サッカー協会)

今年の天皇杯の組み合わせが決定。来年のアジアカップの影響で決勝が前倒しになりJ1クラブは7月12日の2回戦から登場。

レッズの初戦は岩手代表と千葉代表の勝者、勝てば次はJ2の栃木か群馬、次はおそらく名古屋か京都が相手になる。同じJ1でも川崎や鳥栖や神戸、J2では湘南と当たらなくてひとまず安心といったところではあるが、天皇杯はどこと当たっても難しいことは間違いないので油断なくいきたい。

初戦のアマチュア相手も毎年のように苦戦しているので怖さはあるがW杯中断明け直後で次のリーグ戦の試合までも1週間空くのでここは日程的にも余裕があり無理に大幅な入れ替えをしない限りは問題ないだろう。

厄介なのはその次の三回戦でJ2の栃木か群馬が相手となるがその試合はリーグの広島戦とFC東京戦の間の連戦となる。真夏の連戦である程度のターンオーバーが必要なことは間違いないが、ここでミシャは昨年の天皇杯山形戦や今年のナビスコ徳島戦のようにほぼ全員を入れ替えて躓いてしまうのではないかという不安がある。

カップ戦での入れ替えは必要だしやるべきだと思っているがその2試合のようなやり方はやってほしくない。特にバックラインは大切で守備の安定感はもちろんしっかり後ろでボールを回すためにもGKとDFのレギュラー4人のうちできれば3人、最低でも2人は常に出場させるべきだと思う。ここが安定しなければミシャのサッカーにならないしカウンター狙いの相手の餌食になる。

ボランチは今までは阿部がいないとかなり不安だったが青木がものになってきているのでなんとか阿部を温存して回したい。WBはあとは関口が調子を上げてくれれば関根の両サイドでの起用を考えても十分ターンオーバーできる陣容になってくる。1トップ2シャドーは李(坂野)や矢島の存在に期待したい。それでもやはり柏木は外せないか。山田直輝が復調してくれれば。

四回戦は名古屋か京都が相手。この試合もナビスコで決勝トーナメントに進んだ場合は過密日程の連戦で難しい試合になる。

昨年の山形戦も今年の徳島戦もその次のリーグの大一番で確実に勝っているのでミシャのやり方が必ずしも間違っているとは言えないしむしろあれだけ入れ替えたからその結果がついてきたのかもしれない。なので外野からの意見など的外れなものかもしれないが、やはりその二試合はどうだったのかという思いはある(特に負けた山形戦は)。なので今年の天皇杯はもう少し上手い形のターンオーバーでやりくりしてまずはこの山を超えてほしい。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
天皇杯   浦和レッズ   ミハイロ・ペトロビッチ   ターンオーバー   柏木陽介   矢島慎也   組み合わせ   トーナメント表  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。