HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  <浦和レッズ2014> 第13節vs大宮アルディージャ(Away)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク



浦和レッズ 2-0 大宮アルディージャ
29' 興梠慎三 68' 柏木陽介

スタメン
GK:西川
DF:森脇、那須、槙野
MF:青木、阿部、宇賀神、平川、柏木、原口
FW:興梠


これが現在のベストメンバー

やはりこのチームのトップは興梠が最適。抜群のキープ力に裏への抜け出し、次々に攻撃の起点になるその躍動感は見ていてわくわくさせるものだった。柏木もシャドーでこそよりゴールに直結する仕事ができ、昨年の組み合わせに戻すことになったがこれこそレッズの前線のベストな形だと思う。

勿論これまでの”結果”を見ても李の1トップが一概に駄目ということはない。仙台戦やナビスコ大宮戦では力を見せたし苦手な川崎や横浜戦でもその形でジンクスを破り勝利している。なのでこのメンバー構成で部が悪そうな相手に対しては李の起用で揺さぶればいいと思う。例えばアウェー鳥栖のように昨年までの構成で圧倒的に部が悪いところでは李の力が必要になるはず。


ただ基本的には今日のスタメンがベースということでいいと思う。

今のチームで興梠よりも上手く1トップをこなす選手は外国人選手の補強を考えてもそうはいないはず、それぐらい絶対的。柏木もアシストもゴールも狙える今のコンディションならシャドーで使うべき。原口はここ何試合かは疲労と代表への気負いでいまいちの出来という感じでもあるがそれでも地道な仕事はしているし何よりあのドリブルのアクセントは大きい。

両WBも平川・宇賀神がベスト。平川は経験豊富な判断の良さとクロスの精度が光る。宇賀神は攻撃の精度にこそ著しい問題はあるが守備はかなり成長しているし何よりも原口と槙野の動きと合わせながら動ける頭の良さがある。

それから今日は青木と阿部のダブルボランチとなったがこれもなかなか良さそうだと感じた。青木はまだ完全な調子ではないであろうにしてもなかなか上手くボール回しに加わっていたし守備面でも流石は本職のボランチの動きというべきか阿部の負担を軽減していて両ボランチがゴール前に顔を出した回数を見てもこの組み合わせはバランスが良さそうな印象を受けた。



今日のMVPは柏木。興梠も素晴らしかったので迷うところだが右足でのアシストに二点目のあのシュート、それだけでなく意識の高い守備などほぼ完璧な出来だった。やはりこのチームは柏木のチームで成績は柏木の出来に左右されると言っても過言ではない。その柏木の調子が上がってきた今こそ勝ち点の稼ぎ時、この勢いで中断前最後の一戦もものにしたい。

ちなみに柏木が不調だった序盤戦は好調だった原口がよくチームを引っ張ってくれたと思う。今でこそやや調子は落としているがその二人が代わる代わる攻撃の中心として活躍しているのは今年の良い循環かもしれない。それからいつでも安定して活躍している阿部の存在も本当に大きい。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
Jリーグ   浦和レッズ   大宮アルディージャ   さいたまダービー   ミハイロ・ペトロビッチ   原口元気   興梠慎三   柏木陽介   西川周作   阿部勇気  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。