HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  <浦和レッズ2014> 第3節vsサンフレッチェ広島(Away)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク



浦和レッズ 2-0 サンフレッチェ広島
42' 興梠慎三 90'+1 原口元気

スタメン
GK:西川
DF:森脇、那須、槙野
MF:鈴木、阿部、宇賀神、平川、柏木、原口
FW:興梠


重要な一戦で意地の勝利

相手はACL疲れがあり体力的にはレッズに有利なゲームではあったがレッズの選手達にとって先週の一件の精神的影響が大きくないわけはなく、入りはいつにないミスも目立ちどちらが有利か分からないくらいにレッズの選手達にとっても本当に苦しいゲームだった。それでも選手達はそのプレッシャーに打ち勝って強敵を相手に勝利を掴んだ。その背景を考えると単純に表面的に見えるスコアや内容以上に大きな価値のあるものだった。

私事だがこの一週間は本当に永遠に続くと思えるくらいに長かった。たとえ今まで一度もスタジアムで迷惑になるような行為を行ったことはないという自負はあってもレッズを応援する者レッズに関わる者は何も言うことを許されないという状況。ネットでも社会でも家庭でも何を言われようともただひたすら”我慢”することしかできない。(しかしそこで喧嘩などに発展させず我慢することがクラブのためにできる事の一つとも思っている)

我慢しても我慢してもなお次に何か起こったらと脅え続けなければならない、救いが見えない本当に苦しい今、それを唯一わずかにでも救ってくれる、癒してくれるものがあるとすればそれはチームの勝利という結果だけだった。

そして選手達は選手達自身も苦しく調整が難しかった中でも気迫溢れるプレーでそれに応えてくれた。原口のゴールの後のサポーターに向ってエンブレムを叩く仕草は今の一般のファン・サポーターの立場や気持ちを理解した上で逆に支え返してくれているように思えた。森脇もレッドカードは余計だったが鬼気迫る表情での身体を張ったプレーと原口と一緒にゴール裏に駆け寄った場面からは同じように気持ちを感じた。他選手も同様に。

クラブもサポーターも選手達のこの心に応えなくてはならないだろう。
きつい一週間だったと書いたが本当に大変なのはむしろこれから。
クラブは変わっていけるか。





■内容や各選手について

前半は相手に抑えこまれてなかなか良い形は作れなかったが相手の良い形もほとんど出させず試合自体はコントロールできていて今季は本当にどの相手に対しても一貫して安定した試合展開を続けられていてそこは成長したと思う。守備を意識している分攻撃の迫力は落ちていてまだまだだなとも感じるが、そこは今後今の守備をベースにしつつ詰めていければ。

攻撃力がいまひとつなところはラストの突破とパスの精度の課題が顕著だが今季は柏木の調子がいまひとつ上がっていないように感じその影響も大きいだろう。今のサッカーでは柏木のラストパスが生命線の一つなのでなんとか早めに調子を上げてほしい。

それから原口がドリブルで中央突破し一つ余計にこねて取られた場面、梅崎が李へのラストパスを少しずらしてしまった場面、平川の前半終了間際のラストパスなど一つでも決れば楽になれたのでそういったところの精度を上げ確実に決めること、そして流れの中から得点を取っていくこと。

興梠は1点目とそれを引寄せた裏への抜け出しといい良い仕事をした。原口もそうだがレッズのアタッカー達は広島相手にはやはり相性がいいところがある。それから1点目のアシストをした平川はその直後にも凄い足を見せ素晴らしい活躍を見せていたが昔よりも早くなっているような感覚がある。

そして何気なく大きかったのは宇賀神の存在だと感じる。ミキッチを押さえ込んだあの運動量と献身的な動き、広島の攻撃でミキッチの突破は極めて大きなポイントで佐藤以上にシャドー(主に高萩)とそこを潰せるかどうかが勝敗に直結するとも考えられ相手の最大のストロングポイントを上手く抑えた宇賀神は今日の影のMVPとも言える。勿論宇賀神だけでなくミシャの指導の元徹底的なミキッチ対策をしている事が功を奏しているとも思えるが。

西川のプレーは終始素晴らしかった。セービングも飛び出しもパス回しも、何よりその精神的安定感が凄い。途中一度見せた低い弾道の中距離パントキックはそれ一つだけで空気が変わるような雰囲気もあり、事前に高く評価していたつもりでもその想像以上に凄いGKだったというここ三試合での印象。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
Jリーグ   浦和レッズ   サンフレッチェ広島   ミハイロ・ペトロビッチ   原口元気   興梠慎三   柏木陽介   平川忠亮   西川周作   阿部勇気  

Comment
265
こんにちは。
こんにちは(^^)
いや~、昨日の勝利は、ここ10年くらいの間で一番に挙げても良いくらい、
嬉しい勝利でした!!
思えば、オジェック体制の初年度に、最終節で横浜FCに敗れて優勝を逃して以来、
いったいサッカーの神様は、浦和にどれだけの試練を与えるんだ・・・
と、ここ数年思い続けていましたが、それも払拭されたと感じるくらい、
とても嬉しい勝利でした!!
いや~、レッズファンで本当に良かった!!
\(^o^)/

266
Re:こんにちは。
県民さんこんにちは。

昨日は本当に大きな勝利だったと思います。ここまで緊張して臨んだ試合も近年ではそうあるものではなくイメージとしては2011年33節のアビスパ福岡戦のような感じもあったかもしれません。

ファン・サポーターはたとえ何も問題を起こしていない者であっても何も言えない、それを助けられるのは試合の中での選手達のプレーしかないという状況でしたが選手達が助けてくれました。

これからも大変ですが一戦一戦この試合のようにプロのサッカーを楽しみ応援する上での根本的なところに立ち返って気持ちを入れていければいいと思います。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。