HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  那須か永田か、二人の共存オプションは。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク



今オフのキャンプは試合毎にメンバーがシャッフルされていろいろなポジションでどの選手がレギュラーとなるか分からない良い意味でのポジション争いが行われているように思う。WBとボランチの定位置争いも激しいが中でも特に気になるのはCBを那須にするか永田にするかというところ。


那須には昨年リーグ9得点の抜群の得点能力がありDFながら得点源としても期待でき昨季はその得点に助けられたしまたチームで唯一ベストイレブンにも選出された選手でもある。しかしミシャサッカーの肝であるセンターからのロングボールの供給には若干の難もある。

一方永田は得点力は落ちるが相手の楔に対するファーストチェックとWBへのロングパスの供給という点では那須を凌ぎ、ミシャサッカーのCBへの適正という点ではどちらかと言えば永田の方に分があるとも思える。ただし試合勘と集中力に難があり昨年の9~10月はあまりにも失態が続いたこともあるのでそのあたりは恐いところでもある。

どちらを使うか一長一短で難しいがラインを高くし押し込んでいく形なら永田。より得点力や跳ね返す力が欲しいのなら那須といった感じか。つまり現チームの目指す方向性では永田の方が優勢と言えるかもしれない。


しかし昨年の事を思うと那須をレギュラーから外すのは勿体無い。なので以前に書いた4バックオプションでの永田と那須のCBの共存もありなのではないかと思うしなんなら那須を槙野か森脇の位置で使えないだろうかとも。

那須はサイドバックの経験もあるはずでそちらにも回れるのでは。槙野の守備もそれ程よくないのでそこを那須にして槙野をWBに上げれば守備力を強化しつつ槙野の攻撃力もより生かせるかもしれない。そして槙野・永田・那須・李・阿部と揃えばセットプレーもかなり強力に。その場合森脇を残したとしても守備が森脇・平川くらいしか残らずかえって危険かもしれないが。

これらは妄想の域を出ず実際にやってみたら駄目という可能性もあるが那須の両サイドCBでの起用や4バックシステムなどもオプションの一つとして使えれば面白そうでこの時期だからこそ試してみてほしいと少し思う。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
浦和レッズ   那須大亮   永田充   ミハイロ・ペトロビッチ   4バック   システム   リベロ   センターバック   ポジション争い  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。