HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  浦和レッズ2014シーズン試合日程発表
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク

・試合日程(浦和レッズオフィシャル)

今シーズンの試合日程が発表された。今季もまた第33節がアウェー鳥栖ということだがこれで3年連続になる。昨年も終盤戦の組み合わせが一昨年とほとんど同じだったことに違和感を覚えたが、何か意図的な条件をつけすぎてランダム性がない抽選になってしまっているのではないかと疑わしい。

4/29(火・祝)と5/3(土・祝)の横浜FマリノスとFC東京とのホームでの連戦はまさに集客ウィークとなりそうで昨年は両方水曜日に回されて打撃を受けたカードだが今年は両方共にGWと絶好の集客チャンスとなる。両試合とも5万超えを狙いたいがそれにはレッズ自身の成績も大事になってくるだろう。

4/26(土)のアウェー柏はリーグでは珍しい日立柏サッカー場での開催となるがキャパシティ的にかなり厳しい。おそらく昨年の国立での試合の結果を見て集客面よりも結果面を考慮したのだろうか。大宮もキャパの狭い大宮開催にしてから浦和戦の相性が悪くないのでその判断も分からなくはないが。

ナビスコはいきなり第一節から昨年決勝戦の相手柏と因縁深いカードとなっている。そして第二節ではダービーとなる大宮とも当るのでこちらも気の抜けない戦いが続きそうだ。第三節の4/16(水)徳島戦が埼スタ開催ということだがナビスコで水曜で関東外のチーム相手ということを考えてもここは駒場などで開催するべきではないかと思う、シーチケとの兼ね合いもあり簡単ではないのだろうがスタジアムの使い分けももっと柔軟に選択してほしい。

リーグは終盤戦は厄介な相手が多いという印象でもあるが正直どこと当っても楽な相手などはいないので組み合わせで云々言っていても仕方ない。ただ個人的に一番難しいと思っている二試合がアウェー鳥栖戦とホーム川崎戦で後者は4/19(土)と比較的早い段階、前者は11/29(土)と最終局面となっておりこの二試合の配置がどう作用するのかは気になっている。

川崎相手にはアクションよりもリアクションを優先してでも十分な対策をとるべきだと思っているがホームでそれをするのは簡単ではない、かと言って積極的に仕掛けカウンターをもろに喰らい自信を失えば昨年のように直後にバランスを大きく崩すきっかけになる可能性もある。連戦の中で迎える第八節の川崎戦は今季でも特に重要な試合になると言っても過言ではないだろう。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
Jリーグ   浦和レッズ   日程   川崎フロンターレ   サガン鳥栖   FC東京   横浜Fマリノス  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。