HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  山田暢久が現役引退
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク



・山田暢久 現役引退のお知らせ(浦和レッズオフィシャル)

山田暢久が現役引退へ。他チームでもプレーする姿をまだ見たいというような他でプレーするところは見たくないというような複雑な気持ちだったが引退を決めたようで、ほっとしたような残念というようなまた複雑な心境の今。

この選手は普段は力を100%発揮せず気が抜けたようなぼんやりしたミスもたまにありそこが弱点だったのだが集中した時のポテンシャルの高さは本当に驚くくらいのもので、ジーコの時に代表デビューして高い評価を受けたこと、バイエルン・ミュンヘンの選手などを相手にしても普通に競り勝っていたこと、そして2006年の終盤戦で見せたあの輝きなどは印象深かった。

2006年終盤戦はあの小野伸二を控えにしてシャドーでレギュラーを掴み、そしてそれに対して誰にも文句を言わせないような大活躍でチームを引っ張って優勝に導いた。甲府戦だったか、あの斜めに切れ込んで決めた場面、あの時の抜群のキレとテクニックは本当に凄かった。

身体能力が抜群に高い、体が強く滅多に怪我をしない、どこでもプレーできるテクニックとユーティリティー性がある、あれで常時集中した時の凄味が出せていれば物凄い選手になったのではないかと昔ブッフバルトらが評した「山田暢久」については追っていくうちにその通りだと思わされることが多かった。

凄かった時だけでなく普段の抜け目なく仕事をこなす姿も印象的で最後の年にACLホームで迎えた広州戦で広州のガチガチながたいの選手を相手に体当たりで競り勝って相手の退場を誘発したプレー、それをもう40近い暢久がやってのけたのだから爽快だった。あれぞ山田暢久、あの強さと抜け目のなさは最後まで衰えることなくまさにレッズの風物詩だった。

【出場記録】
Jリーグディビジョン1 501試合出場 25得点
Jリーグディビジョン2 39試合出場 2得点
Jリーグヤマザキナビスコカップ 109試合出場 6得点
天皇杯全日本サッカー選手権大会 53試合出場 5得点
AFCチャンピオンズリーグ 14試合出場 1得点

【その他大会の出場歴】
日本代表(A) 15試合出場 1得点
Jリーグサントリーチャンピオンシップ(2004年) 2試合出場
ゼロックススーパーカップ(2006年、2007年)
A3チャンピオンズカップ(2007年) 3試合出場
FIFAクラブワールドカップ(2007年) 2試合出場


果たして今後レッズでこれを超える選手が出てくるのかという程偉大な記録でまさにクラブのレジェンド。山田暢久選手、長い間お疲れ様でした。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
浦和レッズ   山田暢久  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。