HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  昨年キャンプのトレーニングマッチの結果簡易まとめ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク

<浦和レッズ2013 キャンプトレーニングマッチ結果>
・浦和レッズ 4-0 宮崎産業経営大学
得点者:矢島、阪野×2、野崎

・浦和レッズ 5-3 大分トリニータ
得点者:野田、練習生、興梠、マルシオ×2

・浦和レッズ 6-3 東京ヴェルディ
得点者:柏木×2、興梠、梅崎、デスポトビッチ×2

・浦和レッズ 5-5 柏レイソル
得点者:原口×3、デスポトビッチ、阪野

・浦和レッズ 2-0 ジュビロ磐田
得点者:矢島、槙野

・浦和レッズ 1-3 FCソウル
得点者:森脇

・浦和レッズ 2-1 水原三星
得点者:那須×2

・浦和レッズ 5-3 松本山雅
得点者:矢島、阪野、原口×2、槙野


本番とは全く別のあくまでシーズンオフのトレーニングマッチではあるがこうして改めて見返すとある程度昨年の縮図になっているようにも感じる。

多くの試合で大量に得点を取っているものの失点が多いところはまさに昨シーズンの特徴だったし、大分とのTMは結果どころか毎試合前半に先行される流れまでこの時点のTMが指し示していたようだ。

各チームとの力関係を見ても、引き分けた柏とは互いに痛みを分け合うような大きな勝ちと大きな負けがあり、唯一負けている相手のFCソウルはACLで決勝まで残っていたくらいなのでこの結果は妥当なものだったのだろう。

あとはこの頃は興梠の得点がまだ少なく、那須がそこそこ大きな相手とぶつかっている時に二得点を挙げているあたりもその後のシーズン序盤の興梠の得点感覚や那須のブレイクを暗示しているようにも思える。

キャンプでの練習試合はあくまで本番で結果を出すためのものであり結果よりも内容、その試合がどれだけチームの身になるかが第一であるとは思うがこうして見るとある程度その年の結果を映しだす鏡になっているようにも思える。なので今オフのTMでは昨年と比べてどれくらい失点が減らせるのかというところなどを含めその結果も注目して見ていきたい。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
浦和レッズ   トレーニングマッチ   キャンプ   ミハイロ・ペトロビッチ  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。