HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  宮崎キャンプ トレーニングマッチ vs宮崎産業経営大学
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク

<2013 宮崎キャンプトレーニングマッチ>
浦和レッズ 10-0 宮崎産業経営大学
(30分×4本)

<得点者>
1本目:原口、山田、関根(PK)
2本目:興梠
3本目:阪野
4本目:関口、邦本2、那須、阪野


<1・2本目メンバー>
GK 加藤
DF 坪井、永田、槙野
MF 関根、斎藤(ユース)、阿部、宇賀神、山田、原口
FW 興梠

<3・4本目メンバー>
GK 山岸
DF 森脇、那須、濱田
MF 平川、啓太、柏木、関口、梅崎、邦本(ユース)
FW 阪野

・トレーニングマッチ vs宮崎産業経営大学(浦和レッズオフィシャル)



今年度最初のTMは10-0と幸先の良いスタート。相手は大学生ではあるが昨年のストロングポイントであった多くの選手が点を取れるところは継続しつつ逆に弱点であった守備の部分についても無失点で終えることができたので素直に良い結果ではないかと思う。ちなみに昨年の最初も宮崎キャンプでの同大学とのTMから始まりその時は同じ時間で4-0の勝利だったのでそれと比較してもスムーズにチーム作りが進んでいるのではないかと感じる。

メンバー構成は昨年のレギュラーを完全に二分していてどちらがレギュラーということもなく、現時点では皆に平等にチャンスがあるというミシャなりのメッセージなのかもしれない。注目はどちらのチームでもおそらくWBに入ったであろう関根と関口が得点を挙げていることで両者共にドリブルの得意な選手なので今年はWBの縦への突破というのも新たな武器になるかもしれない。

それからユースの邦本が二得点を挙げているが、昨年の天皇杯でのゴールといいまだ高校一年生にも関わらずトップに混ざっても普通に結果を残し続けているところは驚異的でもある。実際昨年の天皇杯を見ても勢いだけではなくボールタッチの柔らかさやチームに溶け込むそのプレーっぷりを見ても非凡な巧さを感じたのでなかなか楽しみな選手が出てきたという印象。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
浦和レッズ   宮崎キャンプ   トレーニングマッチ   練習試合   宮崎経営産業大学   原口元気   邦本宜裕   浦和レッズユース   ミハイロ・ペトロビッチ  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。