HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  浦和レッズ GK西川周作を完全移籍で獲得
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク



・西川周作選手 完全移籍加入のお知らせ(浦和レッズオフィシャル)

GK西川周作の加入が正式に確定。この移籍に関しては西川は来ないだろう、来季のレッズのGKという記事でも書いていたようにあの時点では正直来ると思っていなかったし当人のことを考えても今年動くのは果たして得策なのだろうかという疑問もあるものの、そのあたりは自由な選択権のある本人が選んだことなので外野がとやかく言うことでもないだろう。

西川は例え監督がミシャでなくても獲得して間違いのない実力者であるとも思っているので補強に動き獲得に成功したことは今年だけでなく数年後までを見越してもクラブにとって大きい事だと思う。

かつて大分所属でU代表だった時代から注目していた選手で、当時あの世代では家長・西川・水野の三人が花開くと思っていた。実際一番羽ばたいたのは本田で家長・水野は影が薄くなってしまったが、そんな中でも西川は見込んだ通り日本でトップレベルのGKになった。あの時から都築・山岸の時代が終わったら西川が来てくれないかと思っていたがそれが実現することに。

なのでこの獲得は喜ばしいことではあるのだが、一つだけ警鐘をならしたいのは西川を獲得しただけで昨年の安い失点が全部なくなるかと言うとそうではないということ。昨季を見ても西川もそれなりにミスはする。そしてなにより昨年終盤戦の失点はGKではどうにもできないレベルのものが多かった。

天皇杯の準決勝以降を見てもどのチームも玉際やセットプレー守備がしっかりしていたが、そこを修正できない限りいかに補強をしようが来季も勝負どころで今季と同じ過ちを繰り返すことになる。その事をチーム全員が肝に銘じて戦えるか、ミシャはそれを徹底させられるのか、来季の鍵はそこにある。

西川獲得はチームにとって大きいがそれだけで守備が修正できるという気分にならないことが大切だろう。余談だが天皇杯準決勝以降はどのチームも守備が昨季のレッズよりもだいぶ上という印象だったが攻撃はどのチームを見てもレッズ以上とは思わなかった。他チームを見ていて守備面での焦りだけでなく攻撃面では可能性を感じた、そんな天皇杯終盤戦だった。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
Jリーグ   浦和レッズ   移籍情報   補強   西川周作  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。