HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  浦和レッズ 青木拓矢を完全移籍で獲得
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク

・青木拓矢選手 完全移籍加入のお知らせ(浦和レッズオフィシャル)

今オフの補強第一弾、青木の獲得がついに正式に決まった。何度も書いている通り今のレッズには球際の競り合いに強い中盤の選手は絶対に必要でまた層が薄く代わりとなる選手がいなかったボランチの獲得は必須だった。

まず最初に補強するべきポイントだったがその通りに実行でき昨年同様に的確な補強に動けているようだ。(優勝を目指すには的確を超えた驚くくらいの補強を見せてほしいとも思っているが)

阿部のポジションで使われるのか鈴木のポジションで使われるのか、詳しくはチームでのプレーを見るまではなんとも言えないがどちらにしてもこれでほぼフル稼働だった二人の負担も減らすことができるだろう。また阿部は後ろのどこのポジションでもできるので青木をそこで使えば阿部をDFに回して槙野や森脇をWBとして使えることにもなり戦術の幅は確実に広がる。

ところでマスコミが”禁断の移籍”と煽っている今件だが個人的には禁断などとは思っていない。浦和と大宮は互のクラブ間で絶対に人材を行き来させないというような関係性には今のところまだない。

かつて大宮の中心として元所属の浦和に気持ち全開でぶつかってきて結果を出していた桜井は反浦和の象徴のような扱いを受けていたがその後レッズはハートフルのコーチとしてスカウトし仕事を共にしている。

また大宮はかつてレッズを退団したポンテにもオファーを出していた記憶があるが、個人的にたしかにレッズ以外のJチームのユニフォームに袖を通すポンテを見たくないとも思った反面、近くの大宮に移籍するならその時は大宮サッカー場にポンテの試合を見に行こうという気持ちも持っていた。仮にポンテが大宮に移籍したとしても直接戦う時以外は変わらず応援していた。

他にも1クッション置いての移籍なども含めてこれまで浦和経由の大宮行きは何件かあったが大宮に行ったからと憎んだケースは一度もない。勿論その時は互のリーグも違えばレッズの現レギュラーが引き抜かれたことはないので今件とはいくらか違うとも思うが。

そもそも移籍した選手やその先の相手クラブを憎むものなのか、レッズに関して言えば0円で海外移籍した長谷部・細貝、他クラブに主力として移籍した闘莉王・山瀬など、そういった選手たちの移籍に関する個人的な考えなどは今度機会があれば書いてみたいと思う。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
Jリーグ   浦和レッズ   移籍情報   補強   青木拓矢   大宮アルディージャ  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。