HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  西川は来ないだろう、来季のレッズのGK
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク



西川にオファーを出したと記事になっていたけど今の状況を考えたらまず獲得は不可能だろう。浦和が広島よりも順位が上でかつACLに出る出ないが逆くらいの状況でようやくというところだったので、広島が連覇し浦和がACLすら逃したこの状況でやってきたら逆に驚く。

唯一西川に揺れる要素があるとしたらそれは年俸面。広島は佐藤の年俸ですら推定5~6千万という話で、佐藤は他クラブからすると1億超えは妥当なところ。そしてクラブの顔である佐藤の年俸を超える選手は同選手の面子的にもそう出せるものではないのでそこが概の年俸の上限になる。それを考えると年俸面で野心のある選手はその条件に惹かれるという土壌はある。

しかしそれでもリーグ三連覇が狙える、またW杯イヤーで現在代表の正GKの座も後一歩まで掴みかけている、これらの条件は年俸数千万増よりも遥かに価値があり、仮に年俸が何億円にもなるならまだしも、ここで移籍することはまず考えられないしGKが欲しいこちらから見てもお勧めできない程。


なので西川はまず来ないと考えておいてそこで新たにGKを獲得にいくのか、それとも加藤を中心でやっていくのか浦和は早期に決断する必要がある。

(リーグ終盤戦を見て今のレッズはGKも含めたパス回しが絶対に不可欠と改めて感じたので山岸中心で一年間ということは考えられない。坪井同様山岸が悪い選手ということではなくあくまでこのサッカーへの適正として。)

自分自身散々GKを獲得するべきと言ってきたのでなんだが、今のレッズの失点の多さは決してGKだけのせいではなくむしろ攻撃スタイルが暴走してチーム全体のバランスを崩しているところが大きい、それから曖昧な決め事しかないのでプレスがチーム戦術として徹底されておらず有効に機能しないで逆に穴になっているところが大きいと思っている。(プラス、終盤戦はGKの足下が不安定なためただでさえ数的不利なDF達が安心してボールを回せないという面も負担として大きかった。)

なのでもともと西川を獲ればそれだけでどうにかなるというものでもなく、そこは新加入選手がどうあろうともチームとして絶対に改善しなければならない部分であって、それができれば2011年にはいいセーブを見せ足下もなかなかの上手さを誇る加藤でも戦っていけるのではないかと。なので無理に条件に合わない(足下が下手など)GKを新たに獲ることはないかもしれない。

たしかに加藤のセービング能力とセットプレー守備には不満がありもう一回り大きくなってもらわなければレギュラーの座は安心して任せることはできない。それから今年はリスタートとボール回しの時に判断をミスする場面も目立ったので集中力も今以上に求められる。

このサッカーで求められる要素は多く厳しいことではあるがこれは逆にチャンスでもある。選手として一番いい時期を得意の足技が生かせるサッカーをするチームで過ごしまた一番競争が難しいそのポジションも空いている。これだけの条件が揃っていてここで活躍せずにいつするのか、このままGKの獲得がなければ来季は加藤のサッカー人生にとって一番大きな転機になるはず。個人的にはこの選手の成長に今一度期待したい。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
Jリーグ   浦和レッズ   ゴールキーパー   補強   加藤順大   西川周作  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。