HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  <浦和レッズ2013> 第33節vsサガン鳥栖(Away)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク



浦和レッズ 1-4 サガン鳥栖
(浦和):92'那須大亮
(鳥栖):15'早坂良太 37'豊田陽平 90'豊田陽平(PK) 96'豊田陽平


スタメン
GK:山岸
DF:森脇、那須、槙野
MF:鈴木、阿部、宇賀神、平川、柏木、原口
FW:興梠


勝ち目無し。希望無し。

ミシャのサッカーの三年目に賭けたいとずっと思ってきたが流石にそれも揺らぎそうになるくらいの情けない最低なゲームだった。興梠、柏木、辛うじて阿部以外は全員が落第点、昨年と同様アウェイ鳥栖で何一つ進歩を見せられなかったミシャも同様、もうこのチームの何を信じればいいか分からない。

相変らず激しいプレッシャーをかけられたら何もできなくなるがそれを掻い潜って逆にチャンスに繋げていくのがミシャのサッカーじゃないのか、相手のプレスを何であそこまで恐れる、こんな姿を見せられるんじゃ今のスタイルを支持したくてもできなくなってしまうというような最低な試合の入りだった。


特に今日は左サイドが酷く、前半の槙野と宇賀神と原口の雑なプレーには愛想がつきかけた。槙野の守る気がなく宇賀神より前で攻撃参加を続ける姿には呆れてまず最初にDFの仕事をしろと言いたい、宇賀神は全てのプレーが雑すぎる、原口は前半何もできなかったがシーズンを通してそういう試合が多すぎでこんなことではここに補強をと言わざるをえない。

左サイドはレッズの攻撃のストロングポイントと言われるが三人のアタッカーとしての特徴も被りすぎていて役割がだぶついて上手く生きていないし最近の槙野の上がりすぎは逆にチームの大きな弱点にすらなっていると感じる。端から見ていて凄くバランスが悪い、しかしそれでも実際にチャンスになるのはゴリ押しの左サイドばかりでそれがレッズのバランスを狂わせた。つまり右サイドの攻撃力の無さも大きな課題ということ。

右サイドは梅崎は散々だったが関口はやはりフィットしてきている。縦への突破で競り勝てる確率をもっと上げていけば来年は一番手になれそうな気がする。それだけが唯一の今日の試合での収穫か。


この期に及んで攻撃の課題ばかり挙げたが、守備に関してはもうどうにもできないというのが正直なところ。レッズの選手は誰一人相手のドリブルを止められない。対人プレーができない。相手がボールを持ったらそれだけで大ピンチ。これは果たして補強でどうにかなるレベルなのか。

来季のチームは支持したい、長い間ずっとそれに賭けてきた、しかし今のままでは来季も優勝できないという不安も強くなってきたことも事実。守備とセットプレー専門のコーチをつけさせるか(かつての広島の例を見るとミシャ体制はそれもできないらしい)、いくつかのポジションに大鉈をふるわなければ厳しい、見ないようにしてきたが今のチームの限界が見えてしまった。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
Jリーグ   浦和レッズ   サガン鳥栖   ミハイロ・ペトロビッチ   原口元気   興梠慎三   柏木陽介   槙野智章   梅崎司   阿部勇気  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。