HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  <浦和レッズ2013> 第19節vsサンフレッチェ広島(Home)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク



浦和レッズ 3-1 サンフレッチェ広島
得点者:5'興梠慎三 28'原口元気 65'興梠慎三 90+3'水本裕貴

スタメン
GK:加藤
DF:森脇、那須、槙野
MF:鈴木、阿部、宇賀神、平川、柏木、原口
FW:興梠

63鈴木→山田暢久 69興梠→阪野 85原口→マルシオ


広島に完勝。気持ちの篭ったナイスゲーム!

こういう試合が見たかった。甲府戦からの四試合はずっと相手より戦えておらず内容も乏しいものだったのだが今日はレッズの選手たちの至るプレーから戦う気持ちとこの試合にかける高い集中力が伝わってきた。最後の一失点はよくないが絶好調の首位広島を完全に抑え込む素晴らしい内容だった。

2得点に加えそれ以外のところでも絶妙のキープで相手を苦しめた興梠や自らが起点となり追加点を奪った原口達攻撃陣も見事な仕事をしたが今日はそれ以上に後ろの選手達、特に鈴木啓太の活躍が目立っていた。同選手が入ることでここ数試合不安定だったレッズの中盤の安定度がぐんと増した。

鈴木啓太のポジショニング、一つ一つのプレーの合間に人一倍動きチームの助けになるポジションへの移動を繰り返しボールの流れをスムーズにするその動きはまさにチームの潤滑油、チームのために水を運ぶ選手だった。遠藤と羽生のようなタイプを混ぜたスタイルとでも言うか、オシム代表時代も片鱗を見せたがこの選手にこういう役割を期待する時が来ようとは、06年の大活躍よりもさらに上をいくような今の鈴木啓太の躍動感には驚かされる。

それから柏木が磐田戦同様にキレのある良いプレーを見せていて、同選手のイーブンのボールを抜群の運動量とテクニックを持って自分達のものにしさらにそこから攻撃につなげるプレーの数々は今日どれだけチームを助けたか。柏木がこういうプレーをできる選手だと知っていたから今季の前半戦は物足らなさもあったのだがここに来て真の実力を発揮してきている。

そしてこの試合は相手の最大のストロングポイントのシャドー高萩を完全に抑え込んだことが一番大きかったのだが、高萩を徹底的に潰し続けた森脇と槙野の集中力と気迫溢れるディフェンスも素晴らしかった。今日は元広島の三選手は本当に気持ちが入っていた。ついでにミシャも。

それからサイドで相手を抑え3点目のアシストもした平川の攻守に渡る活躍も見事だった。宇賀神はまだプレーに物足らなさは感じるが対面のミキッチに対しなかなか頑張っていたという印象はある。他もどの選手も良かったというまさにナイスゲームだった。

こういう試合になったのはゲーム展開と互の戦術のマッチングなども要因としてはあったが何よりも大きかったのはレッズの選手たちの集中力、戦う気持ちだったと思う。夏場なので難しいことは間違いないが今後もこういったパフォーマンスを続けていってほしい。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
Jリーグ   浦和レッズ   サンフレッチェ広島   ミハイロ・ペトロビッチ   原口元気   鈴木啓太   興梠慎三   柏木陽介   森脇良太   槙野智章  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。