HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトサッカー日本代表  »  【サッカー日本代表】東アジア選手権2013 vs韓国
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク

<2013/7/28 東アジア選手権2013>
 結果 
 日本 
 2-1 
  韓国  
 柿谷曜一朗(前半25分)
 柿谷曜一朗(後半46分)   
 得点者 
ユン・イルロク(前半33分)


<スタメン>
GK 西川
DF 駒野 栗原 森重 槙野
MF 青山 山口 原口 工藤 高萩
FW 柿谷

52槙野→徳永 70工藤→山田 88高萩→豊田


オーストラリア戦でも感じたようにやはりザッケローニの戦術では中央で収められる選手は必須で、また各選手の特徴も今日のメンバー構成だと若干アンバランスで安定したパフォーマンスはできなかった。

特に前半は相手の高いモチベーションと運動量に押されたこともあるが要の中央で全くボールが受けられず、ボランチとバックラインもクリアに追われて繋ぐ意識が全くなかったので内容的には相当悪かった。カウンターを狙っていて実際それが一発決まったのだが前半のようなやり方をするのでは原口や工藤は浮いてしまいかつ守備力も下げてしまう、防戦一方なのに防御力が足りない感じでやっていたサッカーと人選がちぐはぐだった印象がある。

後半になると少しだけ改善されたがそれは日本が変わったというよりは相手の運動量が落ちたことが要因で、それでもなかなか日本らしい形はだせなかった。ということで内容的には難が大きかったゲームではあったがアウェー韓国で粘り強い戦いをししっかり勝ち切り、また柿谷のここぞという場面での決定力の高さなども見えたので収穫もいくつかあった試合だった。

今大会は結果よりも内容と新しい選手を試すことが重要、とは大会前に思っていたがやはりどんな試合であってもまず勝つことが大切で今年の代表はなかなか勝利を挙げていなかったこともあり今日は結果が出たのでそれでいいという気分でもある。セルジオ越後氏あたりからはダメ出しが出るだろうのでそういうのはそちらに任せる。



選手個人について少し。

柿谷は二点ともよく決めたと思う。トップとしてのゲームメイク自体はあまり高い点数を付けられないもののああいう形に持ち込んだら確実に決めてくれるのがいいストライカーの条件でここぞという時に使える選手だと証明した。今大会は大迫と豊田も良かったとは思うが前田とは違うタイプの点取り屋としてのアピール度では柿谷の方がインパクトを残したかもしれない。

しかし豊田も2ゴールの大迫を押しのけ出てきたところを見るとオーストラリア戦での評価はかなり高そうで、今日も守備で決定的な仕事をしたのでもしかしたら代表に残るくらいのアピールができたかもしれない。

原口は守備に追われてはほとんど力を発揮できず、チーム自体が悪かったこともあるが今日は全体的には悪かった。しかし二点目に繋がる得意の推進力あるドリブル突破を見せ柿谷が決めてくれたこともありアタッカーとしての仕事を果たすことはできた。あれを柿谷が決めるか決めないかでこの試合の原口の評価がまったく違ったと思うので柿谷には感謝したい。

そしてゴールの後にもう一ついい連携を見せていたが原口はやはり終盤になると底力を発揮するタイプであれは魅力。ザッケローニが原口を最後まで代えなかったところを見てもそこは評価してくれているのかもしれない。今大会で今後も残れる程のアピールになったかというと難しいだろうが中国・韓国戦でチームの得点に貢献できたことは同選手の成長を示していて喜ばしい。

高萩は頑張ってはいたがやはりこのサッカーには少々合わない印象だった。青山もそんな感じだったが広島組は少しこのやり方に戸惑っていたかもしれない。工藤も中国戦の1G1Aの結果はあるが全体的には動きは微妙で、この選手の場合は特徴的にトップに入るか逆サイドの選手が山田のような選手であった方が力を発揮できただろうという印象がある。

徳永はロンドン五輪の活躍を見てもこの二試合のプレーを見ても両サイドで守備に安定感をもたらせるのでオプションの一つとして考えるのもいいと思う。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
サッカー日本代表   ザッケローニ   東アジア選手権   韓国   原口元気   柿谷曜一朗   豊田陽平   西川周作   槙野智章  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。