HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトサッカー日本代表  »  【サッカー日本代表】東アジア選手権2013 vsオーストラリア
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク

<2013/7/25 東アジア選手権2013>
 結果 
 日本 
 3-2 
  豪州  
 齋藤学(前半26分)
 大迫勇也(後半11分)
 大迫勇也(後半34分)   
 得点者 
 デューク(後半31分)
 ユリッチ(後半33分) 


<スタメン>
GK 権田
DF 森脇 千葉 鈴木 徳永
MF 高橋 扇原 山田 斎藤 大迫
FW 豊田

62扇原→山口 73斎藤→工藤 83千葉→栗原


勝つことは勝ったがまたもや後半終盤の連続失点で冷やりとする展開に。出場選手達の集中力の欠如と言えばそうなるかもしれないが今年のザッケローニの途中交代策は尽く裏目に出てそこからチームが崩れる印象がある。

連続失点の場面はいただけないが全体的にはなかなかの内容で、チームの連携も攻守のバランスも中国戦よりだいぶ良かったと感じる。集合してからの練習期間であったり、豪州と中国のモチベーション(プレッシング)の差なども影響していたとは思うが総入れ替えで臨んだこの試合のメンバーの方が各選手の特徴が合致していて根本的にバランスが良かったように思う。

特に前線の4人はセンターに二人受けられる選手(豊田・大迫)、サイドからラストパスを出せる選手(山田)、サイドから切り込める選手(斎藤)とそれぞれの特徴が噛み合ってバランスが良かった。逆に中国戦はセンターが二枚とも背負って受けるタイプではなく、原口・工藤の特徴も山田・斎藤に比べるとそれ程違いが出ていなかったのであまりバランスが良くなかったと言える。

そしてやはりザッケローニのサッカーはセンターの二人がいかに相手を背負いながらボールを受けるかが鍵となるので中央には強さがあることが前提で、コンビネーションでスルリと抜けていくタイプの柿谷や高萩より豊田や大迫の方がフィットすると感じた。特に大迫は代表では前田とタイプが近いように思うので今後そのポジションを競っていけば面白いのではないかと思う。

それからやはり山田のクロスの上手さ、サイドでのキープ力は魅力的で後ろから駆け上がるSBとの相性も良く今の代表スタイルにもフィットする。しかし山田のもう一つの持ち味であるシュートが出せなかったのは残念でそこでアピールできなければこの役割だと清武が居るので若干厳しいか。

今日の結果を受け韓国戦はおそらく大迫・柿谷あたりのセンターの組み合わせを試すことになるか。斎藤も結果を出したのでもう一試合先発で使ってもいいかもしれない。両SBは今日の方がバランスがいいが森脇はだいぶ動いて疲労がありそうなので中二日では難しい。ボランチとCBはこの二試合どの組み合わせでもピリっと来ないのでどうすればいいのか正直検討がつかない。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
サッカー日本代表   ザッケローニ   東アジア選手権   オーストラリア   森脇良太   山田大記   豊田陽平  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。