HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  <2013ナビスコカップ準々決勝1st> vsセレッソ大阪(Away)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク



浦和レッズ 2-0 セレッソ大阪
得点者:9'興梠慎三 56'興梠慎三

スタメン
GK:加藤
DF:森脇、那須、槙野
MF:鈴木、阿部、梅崎、平川、柏木、マルシオ
FW:興梠


中断期間を経てさらに深まった連携

この試合の前半レッズは素晴らしい試合の入り方をした。中断期間の纏まった練習の機会を経てチームはさらに進化していて連携・判断・パスのスピード、今まででも一番というくらいのスピーディーなボール回しと連携を見せて相手を圧倒しチーム戦術がさらに浸透したことを感じさせた。

圧倒しておきながら取れそうな場面で追加点を取れず試合を決められない悪癖は相変わらずでそこは反省点ではあるが、それでも今日のゲーム内容は非常に良く、スムーズな連携を駆使してどの位置からの攻撃でもあれだけ多くのチャンスを創り出しているところを見て確かな手応えも感じた。

興梠はますますフィットしてきて継続して得点をあげるようになってきた。そしてそれだけでなく今日は前線でほとんど競り勝ちボールをキープする大活躍を見せていた。柏木も身体のキレが戻っていい時のプレーに近づいている。

攻撃の核となる前線のその二人の調子が上がってきていることは大きい。また今日は槙野のドリブルを見ても久々に復帰した宇賀神のプレーを見ても一時期よりもだいぶコンディションがよさそうだったので序盤の過密日程を終えこの中断期間で調子を整えることができた選手が多いようでそれも好材料。

これで今年のナビスコ準々決勝1stはまずアウェーで貴重なアウェーゴール2つに完封勝ちと理想的な結果を残した。今日の内容を続けられれば必ずこのリードを守りきれるとは思うがセレッソには過去に大逆転をくらった歴史もあるので来週のホーム戦も油断せずにいきたい。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
ヤマザキナビスコカップ   浦和レッズ   セレッソ大阪   ミハイロ・ペトロビッチ   興梠慎三   柏木陽介   梅崎司   阿部勇樹   槙野智章   那須大亮  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。