HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト海外サッカー  »  アジア最終予選A組第十節 イランが韓国を下し首位突破。ウズベキスタンは大勝も得失点差に泣く。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク

<ブラジルW杯アジア最終予選 A組 第十節 (2013/6/18)>
韓国 0 - 1 イラン
ウズベキスタン 5 - 1 カタール


<暫定順位と勝ち点>
①イラン16(+6) ②韓国14(+6) ③ウズベク14(+5)
④カタール7(-8) ⑤レバノン5(-9)


・2014ブラジルワールドカップアジア最終予選勝ち点表と日程


最終節を終えA組はイランがアウェーで韓国を下し首位突破を確定。ウズベキスタンは得点を重ね後一歩まで韓国に迫る健闘を見せるも得失点差は大きく。ウズベクは今予選こそは突破できるかと思っていたが初戦のイラン戦での誤審や終盤の韓国のカタール・レバノン戦での判定など尽く審判の判定がマイナスに働いたような気がする。かつてのアジアプレーオフといい偶然も重なっているのだろうが特に日本の審判団に苦しめられている印象。

しかし今予選は残り二試合の地点で自力突破に大手をかけていたのだから突破できなかったのは自分達の責任。9節の韓国戦で負けたのが一番の失態だし最終的に泣いた得失点に関しても他の試合で最終節で見せたような得点を奪いに行く強い姿勢を見せていればまた違った結果になったはず。

イランはそれ程良い内容には見えないもののシュート1本でアウェーの韓国で勝ちきるなどその勝負強さは衰えていない。韓国は決定力不足が深刻で最後の三試合は尽く決定機を外し続けていた。レバノン戦であの怪しい判定のFKがなければ、ウズベク戦でOGがなければ3位に後退していた。

4位のカタールは帰化選手を積極的に取り入れW杯開催地にも決まっているのでもう少しやるかと思っていたが上位三国との差は歴然だった。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
ブラジルワールドカップアジア最終予選   A組   韓国   イラン   レバノン   ヨルダン   ウズベキスタン  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。