HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトサッカー日本代表  »  ブラジルW杯アジア最終予選第8節 vsオーストラリア(Home)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク

<2013/6/04 ブラジルW杯 アジア最終予選第八節>
 結果 
 日本 
 1-1 
  豪州  
 本田圭佑(後半46分)   
 得点者 
 オアー(後半37分) 


<スタメン>
GK 川島
DF 長友 吉田 今野 内田
MF 遠藤 長谷部 香川 本田 岡崎
FW 前田


五大会連続のワールドカップ出場決定

試合内容としては崩しのアイディアに決定力不足が露呈し結局相手に先手を許しもどかしかった点も多くホームで引き分けという結果で終わったものの、後半ロスタイムのゴールで追いつきワールドカップ進出を決めるというのはまさに劇的で日本代表にとってはいいシナリオだったのではないかと思う。


久々の本田の復帰戦となったが日本はやはり本田が入ると劇的に変わる。世界的に見ると周囲との連携や戦術次第では香川の方が一枚上手な選手とも言えるかもしれないが日本の前線でのフィジカル不足、そしてサイドの攻撃を生かすための貯めを必要とする戦術を考えるとパワーもキープ力もテクニックも備えるこの本田以上に適任なトップ下はいない。

今日の本田はコンディション的には万全でなかったろうにそれでも抜群のキープとさばきを見せて日本の攻撃にリズムを与えていた。

それから本田だけでなく二列目から飛び出し積極的に守備もする岡崎の存在も大きくやはりこの二人が攻撃の鍵を握っていると感じる。香川は部分的には高い能力を発揮しているが全体的に見るとまだ物足らない。前半シュオーツァーに止められたあのシュートは決めなければならなかった。

豪州相手に基本的には優位に試合を進めているように見えた日本ではあるが、今日は相手を完全に崩しきれず相手の詰まった中央突破にこだわりすぎていた場面も多く見られカウンターから決定的ピンチを迎える場面もあったので実は狙い通りに試合を進めていたのは豪州だったとも思える。あれだけ攻めて結局PKの1点だけだったというのは大きな課題だろう。


そしてこの試合で特に問題に感じたのがザッケローニの采配。前田に替えて栗原を投入した采配は、相手はケーヒルが中央で一人で張る形だったので明らかに4バックの方が対応し易いのに何故と思ったが、直後にケーヒルに三枚寄せられて空いたサイドのスペースからやられてしまった。

あのゴール自体はおそらくクロスのミスがゴールになったものなので運が悪かった偶然とも言えるが、サイドを攻略され流れを悪くしたのは采配ミスからの必然だった。勿論前に上げた長友もその前に決定的なチャンスを作り出したのでこれは紙一重の結果論だとも言えるのだが、個人的には3バックにしたあの変更はよくないとその瞬間から感じていた。

また相変わらず前田の調子が悪く、今はJリーグを見ていても前田がいない方が磐田は上手く回るのではと感じる程酷い状態なのだが、そういうところを全く見ずに選出・起用選手を固定するこの姿勢にも疑問がある。それに代わる選手がいないというのも分からなくはないが、Jリーグで活躍する他の選手にまったく見向きもしないのは他ならぬ監督自身。

過度の海外組偏重に固定されほとんど競争のない各選手たち、そういった背景もだんだん力が落ちてきている現状を招いているのではないだろうか。


ワールドカップ予選は結果が全て、なので今日の結果には満足しているし危なげ無く無事ワールドカップ出場を決めた事は素晴らしいことだと思う。しかし3次予選の北朝鮮・ウズベクの連敗、最近のヨルダン・ブルガリア・豪州と停滞感が出てきているのもまた事実。本戦までに力を上げていけるか。

こういう懸念が出るとコンフェデで強豪国とある程度善戦してそれを忘れてしまうということも今までの日本サッカーの歴史から起こりそうな印象もあるが。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
サッカー日本代表   ブラジルワールドカップアジア最終予選   オーストラリア   ザッケローニ   長谷部誠   遠藤保仁   香川真司   本田圭佑   長友佑都   内田篤人  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。