HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトサッカー日本代表  »  ブラジルW杯アジア最終予選第7節 vsヨルダン(Away)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク

<2013/3/26 ブラジルW杯 アジア最終予選第七節>
 結果 
 日本 
 1-2 
  ヨルダン  
 香川真司(後半24分)   
 得点者 
 バニアテヤ(前半46分) 
ハイル(後半15分) 


<スタメン>
GK 川島
DF 酒井 吉田 今野 内田
MF 遠藤 長谷部 香川 清武 岡崎
FW 前田


目に見えてボールが跳ねる劣悪なピッチコンディションに加えて今予選における現時点の互いの状況を考えるとこの試合が難しいものにならないはずはなく、残念な結果にはなったがここまでの流れが楽すぎただけでこれぞW杯の最終予選の厳しさとある種の納得も感じている。

しかし難しい試合だったことは間違いないが日本が勝てたゲームであったとも感じ、前半あれだけのチャンスを作り出しておいてシュートを打てず自分達から流れを壊してしまったところは納得がいかなかった。

前田と香川のコンビネーションの悪さも目立ち清武のシュートすべき場面での判断ミスも目立った。それから前線での起点不足も目立った。香川が低い位置で上手くターンしてボールを受け起点になる場面はいくらか見られたが高い位置で身体を張って縦の楔を受ける仕事はどの選手もあまりできていなかった。そのあたりは本田不在の影響をもろに受ける。

あとは前半相手選手に中央突破を許した場面などは前田にしろ長谷部にしろもっと激しく寄せなければならなかったし、後半の追加点を挙げられた場面の吉田も同様で今日の日本は球際に思いきりがなかったように思う。やはりそこで負けてしまったらどんな相手であっても厳しい。


ヨルダンに敗れはしたが依然として予選突破はかなり濃厚なので下を向くことはない。しかし三次予選のように緩んで連敗で終わってもいけないので次の試合にはまた気合を入れ直して臨んでもらいたい。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
サッカー日本代表   ブラジルワールドカップアジア最終予選   ヨルダン   ザッケローニ   長谷部誠   遠藤保仁   香川真司   清武弘嗣   吉田麻也   内田篤人  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。