HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  <浦和レッズ 2013ACL> GL第二節 vsムアントン・ユナイテッド
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク


浦和レッズ 4-1 ムアントン
得点者:8' 柏木 65' 関口 69' 原口 78' OG 90' シアカ

力の差を見せ落ち着いた試合運びで快勝。前半中盤から二点目を取るまでは若干集中力を欠きロングパスなどでもったいないミスも目立ったがだいたいが積極的なチャレンジのボールだったのでそこは次に修正すればいいとポジティブに捉えておけばいいとも思う。

最後の失点はあの時間帯に前線の三人でボールが収まらずカットされる場面が目立ったので後方よりもそこに原因があったと感じる。それを見るとやはりシュートこそはないが前線での興梠の存在はかなり大きい。

ACLのGLでは勝ち点が並んだ場合の得失点差は当該チーム同士となるのでそういう点ではあの失点は今後大きく影響しないとは思うが、環境も含めて東南アジアのチームのホームでの強さはまた別格なのでその試合へ向けて気持ちを高めさせないためにもあれは防ぎたかった。


そんな風に細かいミスに最後の失点と反省点もあったものの、まず絶対に勝たなければならないホーム戦で勝ったこと、それから引いた相手に対してどんな形であっても4点も取ったこと、そして新戦力がフィットしたことなど全体的に見て満足のいく内容で今後に弾みがつくゲームだった。

関口はサイドで仕掛けたらまずボールを失わないドリブル力を見せ左右両足でいいクロスを上げていた。またフィジカルと運動量を生かした守備面も評判通り良かった。試合前は慣れない左WBでどうなるかと思っていたが予想以上に良いプレーを見せてくれた。

那須も決定機は外してしまったものの中盤でレギュラーと遜色ないプレーを見せた。鈴木啓太と比較すると仕掛けの大胆なパスでは啓太、後方でのボール回しと前線への圧力では那須にそれぞれ良さがあるように思う。

そして興梠と森脇の良さはもはや言うまでもなく、新獲得選手たちそれぞれが実力を発揮しているところが実にいい。特に森脇は流石にミシャサッカーと槙野とのコンビに精通しているだけあり一試合毎に凄まじい早さで順応しつつある。興梠はチームを生かすプレーは申し分ないが時には迷ったプレーも見受けられまだ少し掛かりそうでもある。一点取れれば楽になりそうだが。


初戦は落としたが勝つべき試合ではしっかりと勝ちまだまだここから。そして次からはいよいよ全北現代との二連戦。GLの組み合わせを見た時からここと競り合う構図を予想していたが、一番重要な連戦となるだろう。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
浦和レッズ   ACL   アジアチャンピオンズリーグ   ムアントン・ユナイテッド   原口元気   柏木陽介   関口訓充   那須大亮   森脇良太   興梠慎三  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。