HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  <浦和レッズ2013> 第2節vs名古屋グランパス(Home)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク



浦和レッズ 1-0 名古屋グランパス
得点者:54`宇賀神

スタメン
GK:加藤
DF:森脇、永田、槙野
MF:鈴木、阿部、宇賀神、梅崎、柏木、原口
FW:興梠


15年ぶりの開幕二連勝!

今日の試合は内容的にも完全に相手を上回っての勝利だった。スコア上では1点差だが両チームの力の差はそれ以上にあったように思う。終盤の時間の使い方にも貫禄を感じ強いチームの勝利の仕方という印象だった。


反省点は前半の入り方、大事なホーム開幕戦故レッズはかなり慎重に入ったという感じだったのだが慎重になりすぎてかえって危険を招いてしまっていた。レッズは慎重にプレーさせようとすると逆に危なくなる、後半のように大胆にプレーしたほうがかえってピンチが少ないのではないかと感じる。

しかし広島戦では前半に飛ばして後半に少し疲れも出たのでそれを考慮しての前半抑えての後半勝負だったのかもしれない。

終盤は余裕がある展開ではあったが追加点が取れなかったことも事実でそれさえ取れればもっと楽に試合を進められたので最後の部分の精度をもっと深めていかなければならないのは変わらぬ課題。


選手個人では一点目のアシストもした興梠の縦への動きがかなり効いていたように思う。本人はなかなかシュートが打てていないが1タッチのポストプレーの判断も良くチームを生かすための動きがよくできている。

それから鈴木啓太は前半はミスが目立ち一番よくなかったが後半はかなり良いプレーを見せていた。イメージとは裏腹だがこの選手こそ慎重なプレーには向かず大胆にチャレンジさせてこそ生きるタイプなのかもしれない。

あとはここ二試合永田が良いディフェンスを見せている、特に押し上げてのインターセプトがいい。森脇のディフェンスも良かった、対人プレーでの体の入れ方が上手く聞いていた以上に良い守備を見せている。


2013シーズンは連勝スタート。まだまだ始まったばかりで今後も油断はできないが内容的にも両試合とも勝利に値する良いものだったと思うので今後も自信を持って進むことができる。幸先の良いスタートとなった。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
Jリーグ   浦和レッズ   名古屋グランパス   原口元気   宇賀神友弥   鈴木啓太   永田充   興梠慎三   ミハイロ・ペトロビッチ   ストイコビッチ  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。