HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  指宿キャンプ2013 トレーニングマッチ vsジュビロ磐田
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク

<浦和レッズ 指宿二次キャンプ 2013/2/11>
・トレーニングマッチ vsジュビロ磐田(浦和レッズオフィシャル)

(試合詳細:ゲキサカ)
▼[練習試合]鹿児島で対戦の磐田と浦和、1・2本目は浦和が勝利
▼[練習試合]槙野の強烈FKで3・4本目も浦和が磐田を下す


<試合結果>
浦和レッズ 2-0 ジュビロ磐田
(前後半35分×2 1本目1-0、2本目1-0)
得点者: 1本目後半19分・矢島 2本目前半35分・槙野


指宿二次キャンプジュビロ磐田とのTMは2-0の勝利。今日も終始ボールを保持し攻め続けたようでここのところ続いていた失点もなくなりなかなか良い内容だったようだ。

先日スカパーで2/9(土)に行われたTM柏戦の一部を見たがその試合も柏相手に圧倒的にボールを保持していて今年のTMではほとんどハーフコートゲームになるような圧倒的ポゼッションが目立っている。ミシャ体制二年目で戦術の浸透も進み昨年よりもさらにボールを持てるチームになってきているようだ。(柏・磐田共にカウンター戦術の練習を行っていた可能性もある)

レギュラー組のポゼッションはこの段階で申し分ない。そこは昨年よりも更に進歩していて喜ばしいことだが、それだけボールを持っていてもなかなか流れの中から得点が取れていないのも事実でもある。先日の柏戦ではレギュラー組は0点、今日も引いた相手に対してセットプレーからの1点だった。

柏戦を見ると全体的なボール回しはいいものの仕掛けのパスの出し手と受け手の関係とタイミングが単純すぎて丸分かりという印象があった。そこでもっと意表をつくパスや第三者のコンビネーションを出していかなければ引いた相手を崩すのは難しい。そこは昨年からの課題でもあるので今後キャンプでどこまで高めていけるか、それが今シーズンの成績に直結するだろう。

そんな風に変わらぬ課題も感じているが、この段階でそこまで進めている今のチームの成長も感じている。それにここ二試合はオフサイドになっているが興梠が毎試合ネットを揺らしていてコンビネーションが深まればと期待も高まる。原口もハットトリックでアピールしているし阪野やデスポトビッチも結果を残しプレッシャーをかけている。WBは試合毎に入れ替わり左右双方で誰が出るのかまったく分からない。良い競争が生まれチームは順調にきている。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
浦和レッズ   指宿キャンプ   ジュビロ磐田   トレーニングマッチ   槙野智章   矢島慎也   ミハイロ・ペトロビッチ  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。