HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト未分類  »  【テニス】全豪オープン、ジョコビッチが三連覇
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク

<2013全豪オープン決勝戦>
ジョコビッチ 3-1(6-7、7-6、6-3、6-2) マレー

ノバク・ジョコビッチが三連覇達成

結果自体は順当な感じではあるが決勝戦第2セット序盤までの流れを見るとこの試合はとてもジョコビッチが勝てる流れではなくよくあそこから逆転勝利を掴んだものだ。1stサーブが決まらずストロークも勝負に出ると尽くネットかアウト、途中では苛立って足でボールを蹴り上げるという珍しい場面まで見られたがあそこから流れを引き戻したところは流石現世界No,1プレイヤー。

試合のポイントとしてはやはり第二セット最初のジョコビッチサービスゲームの0-40からの逆転キープであそこでマレーがあと1ポイントでも取っていれば勝負は決まったのではないかと思われるが、著しく悪い状態でもあの場面を凌いだジョコビッチのここぞという場面の集中と執念が凄まじかった。

ボールを蹴った時にはもう精神的に切れてしまったのではないかと思ったが表面上では短気な姿を見せてもそれとは裏腹に内面では辛抱強くしたたか、それこそがジョコビッチの精神的な強さなのだろう。そして勿論打ち合いでマレーを押し込むあのパワーに様々な仕掛けを起こす技術面も凄い。

一方敗れたマレーだが準決勝では終始押し気味で試合を進めフェデラーを破り決勝では惜しくも敗れるもジョコビッチを追い詰める大活躍を見せこの選手はここ一年で本当に成長した。昨年同大会で錦織との対戦を見た時とはまた一つ次元が違う、本当の意味で四強の選手になったという印象。

身体能力を高めてより生かしたサーブ・ストローク面では申し分なく、あとはネットに詰めた時には得点につながらないケースが目立っていたのでネットプレーを磨ければほとんど弱点のない選手になりそうだ。それからチャレンジの下手さが目立つ印象はあるか、戦術的に駄目元で使っているのかもしれないが明らかに無駄な場面で使っていたり失敗に終わることが多い。

なにはともあれ三連覇という偉業を達成したジョコビッチのこの強さと大きな成長を見せているマレーの同世代選手達の活躍が素晴らしかった大会で今後はこの二人が中心になっていくことは間違いないだろう。それに対してフェデラーやナダルはどのように対抗していくのかという点にも注目したい。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
テニス   全豪オープン   ノバク・ジョコビッチ   アンディ・マリー  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。