HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  永田拓也 期限付き移籍から復帰
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク




・永田拓也 期限付き移籍から復帰のお知らせ(浦和オフィシャル)

二年間ザスパ草津に期限付き移籍していた左サイドの永田拓也が復帰。向こうではレギュラーを掴み多くの経験を積んでおりまたいつかは復帰してほしい選手だったので復帰情報は嬉しくもあるが、これだと来季はサイド選手が飽和しそうでこのタイミングで戻すのは正しいのかどうか少々疑問も。

これで来季の左は梅崎・宇賀神・野田・永田。野田は仮に左CBの控えとして見るにしてもそこには3バックのCBポジションを万能にこなせそうな那須も加わったのでそちらでは出番がなく左で使うしかない。

シャドーにしても今年は山田直輝の復帰や原口の起用もあるかもしれないので当面梅崎が左だろうと考えるとそこの選手は明らかに飽和してしまう。永田の復帰によりそこに更に一人増えたのでどうやりくりするのか。

ミシャの指導の下で永田を今のサッカーに慣れさせる必要もあるとは思うので仮に今年使わないとしても今のうちに復帰させるのは選択肢としてありだとは思うが、出場機会を得るのは難しい状況という気もする。他所での出場機会をとるかレッズでの戦術の浸透をとるか難しいところ。

そして何気にこれで一番厳しい立場になったのは野田でもあり、那須の加入に永田の復帰、更に右サイドに関口が加入して宇賀神がそちらに回る回数も減りそうなので今のままだと使いどころがほとんどない。シーズン途中のJ2へのレンタル移籍の自由化も対象年齢外なのでそれもできない。

野田が同ポジションのライバルに勝る点は攻撃時のヘディングの強さだと思うがそれを徹底的に磨いてアピールしなければ生き残るのは難しそうだ。しかしレッズの前線は明らかにヘディングできる選手が少ないのも事実なのでこの選手もそこに入り込んでいければチャンスはあるかもしれない。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
Jリーグ   浦和レッズ   移籍情報   永田拓也   ザスパ草津   野田紘史  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。