HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト浦和レッズ  »  <浦和レッズ2012> 第29節 vsベガルタ仙台(Away)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  
   スポンサードリンク



浦和レッズ 2-3 ベガルタ仙台
得点者:赤嶺真吾 2' ウイルソン 62' 槙野智章 64' ウイルソン 79' マルシオリシャルデス 82'

スタメン
GK:加藤
DF:坪井、永田、槙野
MF:鈴木、阿部、平川、梅崎、マルシオ、柏木
FW:ポポ


敗れて優勝の可能性はほぼ無くなったが次に繋がる後半の戦いを見せた

2位仙台との直接対決は惜しくも敗れ優勝への最後の望みもほぼ絶たれた。今日も前半の戦い方は悪かったし最後のところでのプレー精度の低さなどは目立ってしまったが、後半二度の二点差を後一歩まで追い上げた最後まで諦めないあの戦いっぷりは今後に繋がるものだったと思う。コンビネーションも見れて後半の内容は久々に面白いと感じられるものだった。

やはり今日の内容を見ると1トップは原口よりもポポの方がいい。ボールの収め方や周囲の選手とのコンビネーション、それから裏へ走る動きとパスの判断、そして何より運動量などポポは総合的に見ていいFWで今の原口はこの選手から習うべきことが多いと思うので参考にしてほしい。

そしてレッズの攻撃の鍵を握るのはやはり柏木。レッズの悪い時間帯は常に柏木が前を向けない、レッズのいい時間帯は全て前を向いた柏木のパスが起点となっていた。前半などは柏木本人の動きの問題もあったと思うがここが機能しなければ攻撃力は半分以下になるのでチームとしてここをどう助けて武器としていくかが重要だろう。

林のスーパーセーブに阻まれたマルシオのシュートが決まっていればという想いはあるがどちらにしても勝たなければならなかったので今日は完敗でもあった。現に今の段階でのチーム総合力は悔しいがあちらの方が上だっただろう。交代枠の機能の差を見ても今日はそれが結果に直結している。

しかしベガルタ仙台は現段階で完成度も選手補強もかなり進んでいたチーム、それに対して完成度も選手の補強もまだまだ途上のレッズが食い下がったのだからそこは誇れることだし今後必ずこのチームを追い抜けるという自信にもなった。そんな今日の戦いを来季へ繋げていきたい。




  
   スポンサードリンク

NEW Topics
来季の補強ポイント
<浦和レッズ2015> CS準決勝vsガンバ大阪(Home)
<浦和レッズ2015> 第34節vsヴィッセル神戸(Home)
<天皇杯2015> 4回戦 vs町田ゼルビア
<浦和レッズ2015> 第33節vs川崎フロンターレ(Home)
ミシャの来季続投内定か
<浦和レッズ2015> 第32節vsFC東京(Away)
第68回 秋季関東地区高等学校野球大会組み合わせ決定
<浦和レッズ2015> 第31節vsガンバ大阪(Away)
2015年秋季埼玉県高校野球大会 浦和学院が優勝
Entry TAG
Jリーグ   浦和レッズ   ベガルタ仙台   ミハイロ・ペトロビッチ   梅崎司   柏木陽介   阿部勇樹   原口元気   マルシオ・リシャルデス   ポポ  

Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:無右(むう)

Jリーグ・浦和レッズ好き。埼玉県の高校サッカーや高校野球もよく見ます。

・当ブログについて
参加中のランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
検索フォーム

Page Top





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。